無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

ニヤけが止まらない
帰りにそのまま俺の家に行くと言ったあなた。
帰り道はずっとお話をしてた。
ミンハオ
ミンハオ
あなたって好きな人いんの?
口が勝手にすべった。まあいいや。((
You
You
い、いないよ
なんか若干引かれた?惹かれた?(自意識過剰)
そしてあれこれ話してやっと家に着いた。
You
You
お邪魔します!
ミンハオ
ミンハオ
どうぞあがってあがって


















ふふん。((