無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第12話

透けてる。
放課後
ジュン先生
ジュン先生
あなたさん、今日使ったボール入ったカゴ体育倉庫にしまってきて!
You
You
またですか!?てか今日雨です!!
傘ないです!!
そんなこと言う暇なくまたダッシュして
行っちゃったよ。
You
You
しょうがない…ダッシュで行って来るか!
そしてダッシュで体育倉庫に行った。
まあダッシュでもびしょ濡れ。
帰るのもダッシュ。びしょ濡れ。(((
やっと教室に着いたと思えば教室には誰一人いない。
You
You
はぁ…
ん?待て?なんか一人いるぞ?
You
You
ウジ先輩!?なんでここに!?
ウジ
ウジ
あなたちゃんと話したかったから…
きた。////
You
You
そうなんですか!?ごめんなさい、
さっき先生にパシリ頼まされてて…←
ウジ
ウジ
ううん、いいの
それよりさ…っ
ウジ
ウジ
透けてる。////
You
You
へ?
何が?What?
ウジ
ウジ
ブラ見えてる///
You
You
えっ?うわあぁっ!
ちょうど今日青い派手目の着てきちゃったよ…
見られた…
You
You
ごめんなさい!!
ウジ
ウジ
あなたちゃん、
You
You
はいっ?んむ!?
なんだろうって振り返ってみたら
唇が重なってしまった。
ウジ
ウジ
ごめん、我慢できない…
そう言って私のワイシャツに手を取り、
ボタンを外してきた。
You
You
う、うじ先輩!?
ウジ
ウジ
静かに。
低い声で耳元で囁かれた。
ウジ
ウジ
あなたちゃん、胸おっきい。///
You
You
あぁっ、////だめっ、♡
ウジ先輩のモノを下に当てられながら、
胸を舐められた。
You
You
んぁ、うぁっ、////
ウジ
ウジ
もう、いれるから。
ビンビンに反り返ったウジ先輩のモノ。
You
You
だめ、ウジせんぱっ、あぁっ、!♡
ねじ込むようにとぅるっと入ってきたモノ。
ダメなのに、体に力が入らない。
ウジ
ウジ
あなたちゃん、エロっ…
You
You
ふぅっ、♡♡
ウジ
ウジ
はぁ…腰止まんないっ…
You
You
だめっぇ、////
すると、教室のドアの空いた音がした。
ミンハオ
ミンハオ
あなた!?
You
You
みんはおっ、♡たすけ、てぇっ、!////
喋ろうとする度に激しくしてくる先輩。
ミンハオ
ミンハオ
ウジ先輩!やめてください!
ウジ
ウジ
黙って見てれば?
You
You
あぁっ!!////
ズンと奥を突いてきた先輩。
ウジ
ウジ
ほら、彼氏に見られてどう?
You
You
やら、ぁ////ぬ、いてぇ!♡
ウジ
ウジ
っイく…!
You
You
あぁっ!♡♡
私と先輩はイッてしまった。
ミンハオ
ミンハオ
あなたっ、大丈夫だった…?
You
You
ごめ、んなさい、ミンハオっ…グスッ
ミンハオ
ミンハオ
いいんだよ、あなたは悪くないよ…
ミンハオ
ミンハオ
ウジ先輩、二度とあなたに手出さないでください。
ウジ
ウジ
ま、ヤっちゃったことには
変わりないけどね?
そう言って教室を出て行った。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

THE17
THE17
地球に住んでるCARATです。 フォローするメリットは考えてるけど多分無いです。
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る