無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第34話

こけそう。



それでBチームとCチームを部屋に連れていく時。




スニョン
スニョン
ウォヌ4!
ウォヌ
ウォヌ
ウォヌウォヌウォヌウォヌ
ウォヌ
ウォヌ
あなた4
You
You
あなたあなたあなた…
ってうわあッ!
ウジ
ウジ
ッあぶな。








転びそうになった所を先輩が支えてくれた。






You
You
あぁっありがとうございます!
ウジ
ウジ
ん。











ていうかなんで歩きながらこれやるかな。
(逆ギレ)





















そしてご飯が来る。





















すごく美味しそう。
ミンギュ
ミンギュ
早く食べよ!早く食べよ!
スンチョル
スンチョル
じゃあ









『いただきまァァァァす!!』
スングァン
スングァン
ひょん!これおいひいからたへてひて!
ジョンハン
ジョンハン
なんつってんの。ちっ((
ジョンハン
ジョンハン
言われなくても食うし。













ジョンハン先輩、結局優しいよなあ。
ウジ
ウジ
あなた、それちょーだい
You
You
え、あ、はい
ミンハオ
ミンハオ
先輩、意外と食べますね
ウジ
ウジ
悪いかよ
 








食い意地はってる先輩もかわいい。















スニョン
スニョン
おにくううう!










すき焼きに興奮してるハムスターみたいなホシ先輩。





















みんなで盛り上がりながらご飯を堪能しました。