無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第36話

枕投げ。




露天風呂から上がって部屋へ戻る。








ミンギュ
ミンギュ
ご飯ご飯ご飯
チャニ
チャニ
ヒョン、お口チャック
ミンハオ
ミンハオ
ここ廊下だから
You
You
ご飯楽しみ〜ッ!!
ミンギュ
ミンギュ
ねえちょっとうるさい

















そしてみんなで夜ご飯を食べて就寝の時間。

















寝ようと思って目を閉じる。














その時
ミンギュ
ミンギュ
ボンッ!!
You
You
ぐっ!?






何故かミンギュ君に枕をぶん投げられる。











You
You
なに?え?
ミンギュ
ミンギュ
なにって枕投げに決まってるじゃん
チャニ
チャニ
ヌナやらないの?
You
You
なんだと…ッ
You
You
うりゃあっ!!
ミンギュ
ミンギュ
ふごおおおお"







イラついたからやり返ししてやった。


















ミンハオは爆笑しながらスマホを構えている。



















誰が勝ったのか分からずに結局みんな疲れて寝ちゃったらしい。(誰)