無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

学校
ピンポーン
あなた
はーい
モトキ
モトキ
俺~
ダーマ
ダーマ
俺も~
ガチャ
あなた
2人ともおはよぉ~
モトキ
モトキ
おはよ
ダーマ
ダーマ
はよー
あなた
よし、学校行こー
学校到着
あなた
(シルク達にまたやられるのかな怖いな..やだな..)
モトキ
モトキ
あなたどうしたの?
あなた
な、なんもないよ~
ダーマ
ダーマ
隠さないで言えよ?
あなた
ほんとに大丈夫!
モトキ
モトキ
ならいいけど
教室に入る
シルク
シルク
あ、裏切り者が来たー
ぺけたん
ぺけたん
うわ!こっち来んなよ!
あなた
は?しょうがないだろ
席がここなんだからさ!
マサイ
マサイ
っ...
あなた
そんなに嫌だったら
先生にでも頼んだら?
ンダホ
ンダホ
そ、そこまでしなくても
ンダホ
ンダホ
(俺、いじめるのやめようかな)
女1
ンダホくん、ちょっと来て
ンダホ
ンダホ
う、うん
ンダホ
ンダホ
なに?女1
女1
ンダホくんさ、あなたのこといじめるのやめようと思ってるでしょ
ンダホ
ンダホ
な、何でそれを
女1
やめてもいいよ
あと四人いるし
女1
勝手にしていいよ~
ンダホ
ンダホ
モ、モトキ、ダーマ
ちょっといい?
モトキ
モトキ
ダーマ
ダーマ
モトキ
モトキ
だほなに?
ンダホ
ンダホ
俺もあなたを守ることにした
ダーマ
ダーマ
その選択をしたならあなたを精一杯守るんだぞ?
ンダホ
ンダホ
うん!2人と一緒に守る!
モトキ
モトキ
じゃあだほよろしくね!
ンダホ
ンダホ
うん!

教室では
女1
シルクくん
あなたのこと怪我させてよ)小声
シルク
シルク
は?)小声
女2
じゃないとあなたが~)小声
シルク
シルク
わーったよ!)小声
シルク
シルク
マサイ、ぺけ、ザカ3人もやって
マサイ
マサイ
う、うん
あなた
(何で4人こっち来るの
モトキ!ダーマ!怖いよぉ)
マサイ
マサイ
))あなたを蹴る
あなた
痛っ
(ダメだここで泣いたらバカにされる)
シルク
シルク
))あなたの近くの机をあなたに向けて倒す
ガタッ!
廊下で
モトキ
モトキ
え?なんの音?
ダーマ
ダーマ
おい!シルク、マサイ、ぺけ、ザカ
お前ら何してんだよ!
ンダホ
ンダホ
あなた怪我してるじゃん
ザカオ
ザカオ
え?どこを?
あなた
))頭から血が出てる
モトキ
モトキ
あなた!あなた!
))あなたをおんぶして保健室に連れていく
あなた
))気を失っている
ダーマ
ダーマ
モトキ、俺も行く







中途半端ですが
ここで切らないと長くなってしまうので
続きは明日!