無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

保健室
ダーマ
ダーマ
あなた大丈夫かな?
モトキ
モトキ
大丈夫だよ
あなた
ん..
モトキ
モトキ
あなた!
あなた
モ..トキ?
ダーマ
ダーマ
俺もいるよ
あなた
ダー..マ?
あなた
何で私ここにいるんだっけ?
モトキ
モトキ
覚えてない?
モトキ
モトキ
シルクが机倒したらあなたの頭にあたってあなた気、失ったんだよ
あなた
そうだったんだ
2人とも迷惑かけてごめんね
ダーマ
ダーマ
あなたは謝るな
モトキ
モトキ
そうだよ
あなたは何にも悪いことしてないんだから
あなた
わかった
あなた
うぅっ..
))頭を抱える
ダーマ
ダーマ
あなた!どうした?!
あなた
あ、頭痛い..
モトキ
モトキ
少し寝てた方がいいかもね
ダーマ
ダーマ
俺たちは戻る?
モトキ
モトキ
あなた1人じゃ怖いでしょ?
あなた
うん..
ダーマ
ダーマ
じゃあここにいよ!
あなた
2人ともありがと
モトキ
モトキ
全然気にしないで!
あなたはゆっくり寝ててね
あなた
は~い( ´ ▽ ` )ノ
5分後..
あなた
(*_ _)zzZ
モトキ
モトキ
あなたもう眠ってるよ
ダーマ
ダーマ
頭怪我したからね
可愛そうに
現在授業中2時間目
保健室の先生)
あら、モトキくんダーマくんあなたさん
どうしたの?
モトキ
モトキ
シルクがあなたの近くにあった机倒したらあなたにあたってあなたが怪我しちゃったので連れてきました!
保健室の先生)そうなのね ありがとう
2人は授業に戻る?
ダーマ
ダーマ
さっきあなたがここにいて欲しいって言ってたのでいてもいいですか?
保健室の先生)大丈夫だよ
担任の先生に言っておくね
モトキ
モトキ
ありがとうございます!
ダーマ
ダーマ
ありがとうございます!





今回はここまで!