無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

如月家では
ゆりあと、あなた、隼人と、バイバイして
ただいま〜
如月家(母)
おかえりー
今日は、早いのね
うん、入学式だからさ
如月家(母)
あ〜、入学式か〜
あっ!じゃ!あなたちゃんと、隼人くんと、ゆりあちゃんもじゃない!
そそ、
如月家(母)
隼人くん男前になってたでしょ♡
あなたちゃんと、ゆりあちゃんは、可愛くなってたわ〜♡
も〜お母さんびっくりしちゃった
会ったの?
(あなた可愛かった♡)
如月家(母)
そーそー、ちかちゃん(橘母)に届けものあってね〜、行ったらみんないたの♡
あ〜そーなんだ。
(俺も行けばよかった)
如月家(母)
隼人くんと、あなたちゃんホントの兄妹みたいで良かったわ〜
あ、ね〜
(あぶね、忘れてた。そーだ、血繋がってないんだった。)
如月家(母)
じゃー、私これから、ちかちゃん(橘母)と、えみちゃん(林母)と、ゆりあちゃんの家で、お茶してくるわね
あー、おけ。
えみさんと、ちかさんに宜しく言っといて
如月家(母)
分かったわ
じゃー、勉強してなさいよ〜
わかったから
如月家(母)
行ってくるわね〜
行ってらっしゃい👋🏻
バタンッ
ふー、今日の、あなたまじ、可愛かった。
ゆりあは、また地味な格好して、、
いつになったらホントの姿になるんだろ
でもまー、あんなことがあったから当分無理っぽいな〜
((あんなこととは??!!
夜ご飯を食べおえ就寝((ハヤッ




つづく
作者
話に区切れが着いたら過去話も、していこうと思います!
次はゆりあの家での話ですね!
ゆりあ
みんな!みてね!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ワンダホー
ワンダホー
よろしくでーす!
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る