無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第13話

ゆりあside
パチパチパチ
あなた
ゆりあ!!!大丈夫??
あなた
せんせー、ゆりあ具合悪いそうなので保健室連れていきますー
ゆりあ
(やめて、やめて、みんななんで、、、私が何したの??教えてよ!ハァハァハァ)
ガラガラガラ
廊下を歩いて、保健室に行く
ガラガラガラ
あなた
せんせー、いないか。
ゆりあベッド



あなた
じゃー、はるちゃん、よろしくね!!!
はるちゃん
はーい、
ゆりあは、ベッドに横になり過去を振り返った
ゆりあ
ε-(´-`*)ハァ
またみんなに迷惑かけちゃった。
あんな事が起きなければ、、、
全部私の、、、( ̄^ ̄゜)グスッ
ゆりあは、今中3、、クラス発表と、始業式が終わり、席につく。今回は隼人と同じクラス。ゆりあは、あなたと離れて落ち込んでいた。この時のゆりあはまだ地味子じゃなくて、普通の可愛い姿をしていた。ゆりあは、中1、中2と、毎日楽しい学校生活を送っていた。だけど、隼人と、岳の事が好きな子達がゆりあと、あなたのことを羨ましく思い、度々手を出していた。が、あなたは、さっぱりしていて、面白くないとみなし、みんな、ゆりあをいじめるようになった。ゆりあは、あなたにしか言えなかった。だけど、あなたはゆりあになんにもやらないでね?と、言われてたため何も出来なかった。そんな時、隼人と岳の事が好きな一部の人がゆりあに最後の手段として、手を下した。
ゆりあは、なんにも知らず、一人で帰ることにした。今日は、あなたが日直で一緒に帰れないと言われたから、1人になってしまった。
知らない男の人
ねねねね、ゆりあちゃん??
ゆりあ
え?あ、はい。
知らない男の人
ちょっと来てもらえるかな。
ゆりあの口を抑え
ゆりあ
ンッンッ、、ヤメッ、ヤメッ、、、。
ゆりあは、そのまま気を失ってしまった。
知らない男の人
とっととヤって終わろうぜ。
そーするとゆりあのシャツを脱がせ、胸に手を出した。
ゆりあ
...ンッンッ、、
知らない男の人
やべ、起きそう、てか、感じてる??笑笑
ゆりあ
ンッンッ、、?!!
やめてっ!やめてっ!
ヤッ、、ンッン
やめてと言ってもやめるはずがない。
そのまま1人はゆりあの下着を外し胸を揉み始めた、もう1人は、ゆりあの太ももに手を伸ばし、、
ゆりあ
ヤッ、、(泣)
やめて、、あなた、、隼人、、
ンッンッ、、アッ
知らない男の人
やべー、もー、挿れっか
そして、ゆりあの中に無理やり挿れた
ゆりあ
ヤッ、、アンッ(泣)
ンッ、ハァハァ
知らない男の人
俺もシたい。早く変われよニヤニヤ
ゆりあ
アッ、アンッアンッ、
ン~~~!!!
知らない男の人
こいつ、イったぞ笑笑
ゆりあ
(はやく、はやく、助けて泣)
(誰か、、、、、)
知らない男の人
じゃー、次俺ー
その後、もう1回ゆりあは犯され、ゆりあはずっと泣いていた
ゆりあ
あ、、ハァハァ
誰か、、、助けて
その時、ちょうど見回りをしてた警察の人に見つかり、助けて貰った
知らない男の人
やっべ、警察だ、行くぞ!
男達は逃げてったが、ゆりあは恐怖と絶望で、涙がとまらなかった
警察
大丈夫ですか?!
おうちの人呼びますね、
あっ、その前に、
こちら、○○公園裏路地、女子高生がーーーーーーーーーーーーーーなので、応援要求。周辺のパトロール要請。お願いします。
ゆりあ
ウウウウ、ハアハア泣
その後お家の人に迎えに来てもらい、、ゆりあは帰宅。
林家(母)
ゆりあ、大丈夫??
ゆっくり聞かせて?
ごめんね、ゆりあ、、泣
ゆりあ
ママ、私、ハァハァ
林家(母)
ゆっくりでいいの。
何があったの、、?
ゆりあ
私、隼人と、一緒のクラスになってから、度々嫌なことされてたの。あなたに言ってあってだけど何もしないでって言ったの。そしたら、ハァハァ
林家(母)
うんうん、怒らないから、大丈夫だから、
ゆりあ
そしたら、今日知らなない人が、知らなない人男の人達が、、来て、そこからの意識はないけど、起きて気づいたら服脱がされてて、、で、胸を揉まれて、抵抗したけど無理だった、、。
ハァハァ、ウウッ、泣
ゆりあ
そしたら無理やり挿れられて、犯されてた
どぅしよ、アアアアアア、、、ハァハァ
林家(母)
ゆりあ落ち着いて!!
ゆりあ
ねぇ、ママどうしよっ
学校に行けない、行きたくない
誰にも会いたくない
怖い、こわい、こわい、、、
こわいよ、ママ
林家(母)
ママがいるから、ね?
大丈夫落ち着いて、ギュッ
学校も当分休みましょ
家にいていいから、大丈夫、大丈夫
念の為明日病院に行きましょ。
ゆりあ
うん、ごめんね、ママ、ごめんね。
林家(母)
大丈夫だから、、、
それから1ヶ月間ゆりあは学校に来なかった、
あなた、隼人、岳には、親から伝えられた。
ゆりあは度々混乱して発作を起こす。
あなたは、何回かお見舞いにきたがゆりあは当分誰にも心を開かなかった。
それから、ゆりあはすごい変わった、
地味になって、中学は、あなた、隼人、岳以外には心を開かなかった。
ーーーーーーーーー✄キリトリ✄ーーーーーーーーー
ゆりあ
あー、そんなことあったな。
それからもあなたとかに迷惑かけて、ほんとごめんね、こんな私、、、ほんとごめん(._.)
私、地味でいいよ、もう、あんなことにはなりたくない。
天井に向かって、1人言っていた
ゆりあはスヤスヤと眠った
作者
どーしてたか??
ゆりあside
久々の投稿ですいません🙏🏻💦

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ワンダホー
ワンダホー
よろしくでーす!
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る