第22話

大切な人たちへ。
20
2020/09/25 12:56
                   不幸にならないでくれ。
                 知らないところで傷つかないで。
                   どうやっても僕の手は
                  あなたの頭を撫でられない。
                   不幸にならないでくれ。
                    僕の大切な人たちへ
                  あなたがただ生きていてくれる
                      僕はそれが 
                       ただ


                       ただ


                      うれしい。
てでぃ
てでぃ
私がこの小説を始めてから、
てでぃ
てでぃ
たくさんの顔の見えない人が話しかけてくれました。
てでぃ
てでぃ
たくさんの顔の見えない人がやみを抱えていました。
てでぃ
てでぃ
私はそれを知っているのに、どうすることもできない。
てでぃ
てでぃ
いつのまにかいなくなっていた君は、どうしてる?
てでぃ
てでぃ
あの時、「生きるのがつらい」って言ってた。
てでぃ
てでぃ
「他人と比べないで。」
てでぃ
てでぃ
私がちょっと目を離した隙に
てでぃ
てでぃ
君はここから消えていた。
てでぃ
てでぃ
君はどうしてる?
てでぃ
てでぃ
もう届かないね。
てでぃ
てでぃ
でも、
                 幸せになれとは言わないけど。
                      どうか
                  






























                  不幸にだけはならないで。
てでぃ
てでぃ
私はなにもわかっていないのにね。
てでぃ
てでぃ
ごめんなさい。

プリ小説オーディオドラマ