無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第14話

日記 2ページ目

☆月○○日 雨☔時々雷⚡

☆抗がん剤治療初日
今日は朝からずっと雨やった。雷も鳴ってたし。ここの部屋、確か最上階やったよな?雷でぶっ飛ばへんか心配やわ(笑)
今日はみんな仕事があるから誰も来おへんかった。ヒマやったから久々にゆっくりテレビ見た。したらどの番組も全部俺のニュースやっててん。ほんまビックリしたわ。どの番組も「重岡大毅が重岡大毅が」て。あんなに名前呼ばれたの初めてやな(笑)
あ、せや。ヒルナンデス見たで。淳太のやつ相変わらず口にデッカイたらこ付けてたわ。あいつ、何仕事のときにもご飯のお供付けてんねん。仕事のときくらいご飯のお供置いとけや(笑)照史は黒かったな。真っ黒。どうやったらあんなに黒くなれるん?ヒルナンデスのニュースでも俺のこと話してて。話振られた照史と淳太が入院して~とか話してたけど。そのニュース読むなや。んで、話振んなや。なんで話振るん。困ってたやん。けど、2人を困らせてたんは、間違いなく俺やんな。ほんまごめん。
夕方くらいから先生に抗がん剤治療始めましょうって言われて抗がん剤の点滴された。点滴してからしばらくしたらなんか怠くなったから副作用やったらイヤやし看護師さんに来てもらった。看護師さんが持ってきた体温計で熱計ったら37.6やった。そりゃ怠いわ。一緒に来てた先生が「副作用出てきたね」やって。