無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

どうしたらいい?
重母

病院を出て、
事務所に行った。

大毅に「一人じゃ
ちゃんと話されへんかもしれんから、
一緒におって?」
って言われて。


マネ「あれ、しげ?珍しい。」
大毅「あ、まさニィ。」

「まさニィ」。
大毅にそう呼ばれた男性は私に気づくと

マネ「初めまして。
私ジャニーズWESTと重岡大毅さん個人の
マネージャーをしております、
一橋 正樹イチハシ マサキと申します。」

大毅「信頼関係が大切な仕事だから、
初めて会ったときに
まさニィって呼んでくれって
言われてん。
東京でのお兄ちゃんやと思って
いつでも頼ってほしいし、
何でも話してくれって。」

「初めまして。
息子がいつもお世話になっております。
重岡大毅の母でございます。」

マネージャーさんは本当に優しい人で。

大毅「なぁまさニィ
俺、、、俺、どうしたらいい??」

マネ「え?」