無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第13話

日記 1ページ目
大毅

☆月○○日 晴れ☀️

今日、病院に入院した。俺の病室は最上階のめっちゃ広い個室やって。なんか贅沢やな(笑)病室の使用料金は事務所が出してくれるんやて。大した仕事してないくせに事務所に膨大なお金出させるなんて。ほんま申し訳ない。
病院には淳太と照史と神ちゃんと草窓さんとまさニィが一緒に来てくれた。淳太がな、「一緒に頑張ろう。一人やないで」って言うてくれてん。めっちゃ嬉しかった。病気が分かってから「仕事どうなるんやろう」とか「俺が病気やって知ったら、メンバーになんて言われるんやろう」とか、「俺、死んでまうんかな」とか考えて、毎日毎日不安やったし怖くて怖くて仕方なかった。誰にも言えなくてずっと一人で考えてたのに、淳太のやつにはバレてたわ(笑)なんも言うてへんかったけどきっと、いや絶対に照史にも神ちゃんにも、他のメンバーにも全部バレてるやろうな。
これから抗がん剤治療始まるけど、人にもよるけど副作用が出るらしい。まぁ分かってたけど。どんな副作用なんやろ。髪抜けんのかな?めっちゃ吐くんかな?体力落ちてまうんかな?熱、めっちゃ出るんかな?俺はどのくらい酷い副作用になるんやろ。軽かったらええな。怖いな。
抗がん剤頑張ったら、俺ちゃんと治るんやろうか。またみんなと一緒に仕事できるんやろうか。髪抜けてハゲになった俺を見ても、みんなは見捨てないでいてくれるんかな?
なんで俺やったん?なんで病気は、ガンは俺を選んだん?別に俺やなくても良かったやろ?なんでなん?
怖い。まだ死にたくない。まだ生きたい。けど、俺に未来はちゃんとあるん?