無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

病院
あなた

なんとか定時で上がって
彼の搬送先の病院へと急ぐ。

母の話によると、
大毅は意識ははっきりしているものの、
まだ呼吸が安定せず
容態が急変する可能性もあるため
集中治療室と一般病棟の中間チュウカンにあたる
「高度治療室(以下HCU)」に
入院しているらしい。

ただ、今彼がどんな状態なのか、
運ばれた理由は何なのか、
それは母にも分からないとのことだった。



「4001号室、、、あった」
病院についてから病室を探す。

彼の病室は、病棟の奥の方にあり、
さらにネームプレートは無記名のため
探すのに時間がかかった。


ノックをして返事を待つ。

?「はい」