無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

久しぶり
照史

しげの肺炎が完治して病室に戻ったのは
しげの意識が戻った1週間後のことやった。

メンバー揃って半日だけ仕事の日やったから、
仕事が終わったあといっちーとメンバー全員でお見舞いに来た。

照史「しげ~?入るで?」
大毅「あ、みんなや!久しぶり」
淳太「なんや、元気そうやん」
大毅「ご心配をお掛けしまして(笑)
しげちゃん完全復活でございます!」
望「いや完全復活ではないやろ」
大毅「いやいや、完全復活やんか!
、、、肺炎に関しては(笑)」
マネ「確かにw
肺炎に関しては完全復活だけどねww」
大毅「まさニイ笑いすぎ!!」

たぶん、しげは久々に全員が揃ったから
嬉しくてテンションあがってるんやろな。

流星「あれ?なんかしげ細ない?気のせい?」
崇裕「あ、言われてみれば」

流星の声に、みんながしげを見る。
確かに、久々に見たしげは少し細くなってた。

大毅「え、、、やっぱ分かる?」
流星「当たり前やろ。同期舐めんなよ」
大毅「別に舐めてへんよ。集中治療室にいたとき、
肺炎の症状なんか抗がん剤の
副作用なんかは知らんけど、
全然食欲なくて何も食べられへんかってん。
ここ一週間くらい水しか口にしてない。
そんで、見かねた先生に栄養剤点滴された」
智洋「そりゃ痩せて当然やな」

1週間飲まず食わずて、、、
俺やったら絶対死んでまうわ。

望「照史、ダイエットにちょうどええんやない?」
照史「せやな
最近また太ってきてもうたから、、、
って、誰がデブや!!」
大毅&智洋「いや言うてないからww」
照史「そこ!さりげなく
シンメのチームワーク見せ付けるん
やめてくれる?ww」
望「よっ!照の関!」
流星「桐山親方!!」
照史「待って待って。俺力士ちゃうからなww
なんやねん照の関とか桐山親方とかww」
大毅「wwあ~あ、おっかしいww
こんなに笑ったの2週間ぶりくらいちゃう?
楽しい(笑)」

確かに、
全員でこんなに笑ったのは久しぶりかもしれない。

しげの笑顔を見ると
不思議と皆が笑顔になる。

コイツの笑顔がいつまでも見られますように。
そんなことを思った。
作者
作者
メンバーがマネージャーを呼ぶときの呼び方、マネージャーがメンバーを呼ぶときの呼び方については、第12話「闘病生活の始まり」の下の方、作者の吹き出しに書いてありますので、分からなくなったら見ていただけるとありがたいです。
作者
作者
分からない方のための補足説明を。

「シンメ」という言葉が出てきましたが、「シンメ」とは英語の「symmetry(シンメトリー)」の略で「左右対称」という意味です。ジャニオタ用語ではジャニーズJr.時代から左右対称の立ち位置で踊っていた2人組のことを指します。
ジャニーズWESTで言えば重岡大毅&神山智洋の「かみしげコンビ」、小瀧望&藤井流星の「ツイン(ツインタワー)」、桐山照史&中間淳太の「B.A.D.」が有名ですね。