第7話

⑦😇😭🖐
116
2019/03/30 13:04
朝
me
me
行ってきます。
母
何があっても帰ってくるのよ…?グスッ
me
me
泣かないでってば、、、グズッ
me
me
絶対戻って来るけど
me
me
戻ってこれなかった時、これ読んで。
それは、


遺書。


グクのためのと


モナのためのと


母のためのと


って用意してた。
母
もう、そんなことなんて言わないで…
me
me
ぜ、絶対帰ってくるから、
me
me
行ってくるねギュッ
母
行ってらっしゃいギュッ
@学校
me
me
大丈夫かな…怖い、
愛しのぐが
おはよう〜
me
me
おはよう〜
愛しのぐが
えへ元気?
me
me
元気元気ッ笑笑

あの今日教室に早く行きたいから

いいかな?、
愛しのぐが
いいよ〜
@教室
モナ
おはよぉー!
ヨジャ「おはよぉー!モモさん!」
me
me
みんなおはよ〜ってか

なんでこんなにみんなで出迎えてくれた?笑笑
モナ
それは、こないだ、

喧嘩した時、

「私はあと7日で死ぬの!」
って言ってたでしょ

で、あの日から今日で7日。

モモが言うには今日はももの命日、だよね?

本当にそうならこの色紙読んでくれないかな?

本当に亡くなるんだったら、

棺桶に色紙入れていい?
•*¨*•.¸¸☆*・゚•*¨*•.¸¸☆*・゚•*¨*•.¸¸☆*・゚

〜お願い〜

ここから星屑ビーナスを
聴きながら呼んでくれるとよりいいんじゃないか
なと思いますので聞いてください!

•*¨*•.¸¸☆*・゚•*¨*•.¸¸☆*・゚•*¨*•.¸¸☆*・゚
その色紙には
モモへ

長いようで短すぎた14年、

辛いことも、楽しいことも

モモのテンションのおかげで

みんなは楽しめました。

モモの、可愛い顔

モモの、可愛い私服

モモの、笑ってる笑顔

モモの、14年間

言い始めたら、言いきれないぐらいあるよ、

全部全部モモはいい所ばっかり!

素敵すぎです、

もう、ズルいよ…

来世、また再会出来ることを願っています。

モモの事が大好きなヨジャ、モモより。

me
me
ウッウウウゥ
ヨジャ「泣かないで、もう。」
先生「モモさんからも言葉があるんですよね?」
me
me
グスッ…はい、…グスッ
me
me
私はみんなへ言った通り、

余命は7日と言われていました。

でも一生懸命生きようとしたから

ピッタリ7日生きられたんだろうなって、

むしろ神様が与えてくれた

最期のノルマなのかなって

思っているんです、

もっと、もっと、ヨジャたちと絡みたかった

もっと、もっと、仲間を増やしたかった

ま、こんなこと考えちゃうと

死にたく無くなっちゃうんだけどね笑笑

だから、私からのお願い

人を強くするには

仲間からの信頼されること、

仲間を信頼すること、

誰でも希望を持つこと、

諦めないことが大事です。

出会いが絆を深め

別れが人を強くする。

仲間は絶対に捨てちゃいけない、

それを伝えたかったんです。

私の棺桶は花いっぱいにしてください。

モナ
モモが大好きな桃も入れとくね涙
me
me
うん!あとまだ気持ちを伝えてない人がいるから言ってきていいかな?
全員「いいよー!」
me
me
行ってくるねー!
私の寿命は刻一刻と削られていっている
あと1時間もしないで死にそう……グスッ
me
me
ぐぅーがぁ!
愛しのぐが
んー?
me
me
言いたいことがあって
愛しのぐが
何ー?
me
me
真剣なお話。
愛しのぐが
うん
me
me
私は、ずっと、ぐがおっぱに

隠してたことがあって

今からそれを言うね、

今日は、私の命日なんだ。

今日から7日前私は余命宣告されました。

その次の日、あなたに告られました。

隠し事なくしたかったから、言おうと思った

けど、

言うと別れちゃうんじゃないかなって怖かった

死んじゃう前に聞いてください。

大好きでした……………………………………バタンッ
愛しのぐが
おい、おい!
モモ、モモ!!
愛しのぐが
だれかぁ"ぁ"ぁ"
救急車ァァァ、!
先生「は、はい!今呼ぶ」
グクside
@モモの教室
グク
モモと仲良かったヤツいるか?!
モナ
私…です!
グク
モモが倒れた!
グク
一緒に来るやついる?
ヨジャ「モナ!行っといで!」
モナ
行きます!
パサッ
モモのカバンから2通の手紙が落ちた
グク
ん、なんだこれ
便箋のには

グクへ

モナへ

と書いてあった
グク
おいモナ。

これ、モモのカバンから、
モナ
え、うん。
救急隊員「一緒に乗る方は!いますか?」
モナ
はい!
グク
はい!
救急車の中で読むことにした
ぐがへ、

ぐがは、

私が彼女で楽しかった?

私が彼女でよかった?

私はスーパーハッピーだった、

たとえいま、私が

生死の境をさまよっているなら

まだ遅くない、

私に向かって、

嫌いだとしても

大好きだからなぁ〜!

って叫んで欲しい。

私、火葬されるの怖いな…

来世、再開しようね!
モモ🍑
グク
大好きだからなぁ"ぁ"ぁ"ぁ"
モナ
ウゥゥゥ😭モモ、モモっ!
モモは俺に向かってにこやかに
?「ありがとう」
って言ってくれた気がした
ピーーーーー
それと同時に救急車内に響き渡るピーという音
救急隊員「心拍が止まっています!急いで!!!」
病院に着いた時はもう遅かった
モモは冷たくて、真っ青だった
グク
どんだけ強がるんだよッ…グスッ
母
おぉ!モナちゃん!
モナ
あ、モモここに居ます。
母
つ、冷たい…………モモっ!モモっ!

こんな弱い体に産んじゃってごめんね!

ごめんね、ごめんねァ”ァ”ァ”ァ”ァ”
医者「失礼します……………モモ様は………ご臨終となります」
グク
モモォォォォ!!!ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙
長いんで一旦切ります。

プリ小説オーディオドラマ