無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

女子
陽太(ヒナタ)
おい、お前前倉に何ゆった?
彩海(アミ)
ええっとー、
麗衣を落としたいだけで未莉愛ちゃんの好きな人はいないんだよー的なこと?
陽太(ヒナタ)
はぁー、、お前あほか!そんなん言ったら前倉は
未莉愛ちゃん(ミリア)
あー!陽太くーん♥ナニナニ??私の話??
陽太(ヒナタ)
うっ、、
彩海(アミ)
あぁ~(察し)
彩海(アミ)
未莉愛ちゃん!いまちょっと相談受けてるから待っててくれへんかなあ?(圧)
未莉愛ちゃん(ミリア)
えぇ~!イジワル!相談なら私も乗るよ!ね!いいよね陽太くん♥
陽太(ヒナタ)
いや、普通に困るから無理やねんけど?(笑顔)
未莉愛ちゃん(ミリア)
は?
陽太(ヒナタ)
もう一回言った方がいい?
未莉愛ちゃん(ミリア)
んーん!私の為にそんな時間とろうとしてくれるなんてほんとぉに優しいね♥誰かさんと違って♥
彩海(アミ)
そぉだねぇ、さっさと行ってくれへんかなあ
未莉愛ちゃん(ミリア)
はーい♥
陽太(ヒナタ)
こうなるわけ
彩海(アミ)
うわぉ
彩海(アミ)
大丈夫大丈夫
陽太(ヒナタ)
今は大丈夫でも、エスカレートしたら!!
彩海(アミ)
いじめに繋がるかもやろ?
陽太(ヒナタ)
くっ、、
彩海(アミ)
お見通しだぜ(ニカッ)
陽太(ヒナタ)
そーゆーとこが心配なんだよ
彩海(アミ)
なんか言った?
陽太(ヒナタ)
なんにもない
明日香(アスカ)
ねーねー彩海ちゃーん!
そーだんがあるからぁ
昼休みに、体育館裏まで来てねぇ?
彩海(アミ)
無理。別に付き合ってもないしあんたにどうこう言われたないわ
陽太(ヒナタ)
え、もしかしてお前、、
明日香(アスカ)
そっかぁ♪
来なかったら知らないよ?小声
陽太(ヒナタ)
お前予知能力まであったんかよ
彩海(アミ)
ばれちった♪
陽太(ヒナタ)
いつから
彩海(アミ)
さっき
陽太(ヒナタ)
はぁ!?
陽太(ヒナタ)
俺にもその能力わけろぉぉ
彩海(アミ)
絶対いややしな!
陽太(ヒナタ)
その能力があったら上手くいくのになあ
彩海(アミ)
?何が?
陽太(ヒナタ)
恋愛。
彩海(アミ)
はぁ!?
彩海(アミ)
お前好きな人おったんかよ、、、
陽太(ヒナタ)
おったら悪いか!?
彩海(アミ)
いや、別にいいけど、以外やな
彩海(アミ)
どんな人?
陽太(ヒナタ)
バカでうるさくて天然。
彩海(アミ)
悪口にしか聞こえへんねんけど?
陽太(ヒナタ)
でも喋ってて楽しいから好き
彩海(アミ)
まぁ頑張れ!相談なら乗るし
嘘ですのりたくない