無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

日常(2)
彩海(アミ)
おはよーごじゃいまーす!
陽太(ヒナタ)
ぶはっ!ごじゃいますってw
彩海(アミ)
え?そんなん言った?
陽太(ヒナタ)
ど天然が!
鈴(リン)
おはよー彩海!
彩海(アミ)
おはよー
未莉愛ちゃん(ミリア)
おはよう!彩海ちゃん!早速なんだけど、、
彩海(アミ)
占い?
この子は、未莉愛ちゃん!ちょーぜつ美少女で、モデルとかやってるんです!
未莉愛ちゃん(ミリア)
そう!朝早くからごめんね(´。・д人)゙
彩海(アミ)
別にいいよー
彩海(アミ)
んで、占う内容はどんなんなん?
未莉愛ちゃん(ミリア)
えーっとここではちょっと、、
彩海(アミ)
あー、分かった
彩海(アミ)
ちょっと片付けてから行くから待っとってな
未莉愛ちゃん(ミリア)
りょーかーい♪
こーゆー時は恋のそーだんやねんなぁ
私にくる依頼は恋愛ばっかりやねんなぁ
ドロドロしたのは嫌いやけど、私の恋もどっかでドロドロしてるんやろなぁ
彩海(アミ)
用意できた
水晶とタロットを持って向かう先は、、
彩海(アミ)
行こか、占い相談室
未莉愛ちゃん(ミリア)
うん!
占い相談室は、家と学校にある。
母親はここの校長
父親は大工
学校のは母にたのんで、家のは父が作ってくれた
彩海(アミ)
よし!使用中の札かけとくでー!
未莉愛ちゃん(ミリア)
はーい
ガチャ
鍵も閉めたし!
彩海(アミ)
はい、椅子に座って
未莉愛ちゃん(ミリア)
おっけい
彩海(アミ)
占う内容は?
未莉愛ちゃん(ミリア)
えーっと、、今ね、2つ悩みごとがあるの
彩海(アミ)
じゃあまずひとつめから言って
未莉愛ちゃん(ミリア)
ひ、一つ目は、仕事の話なんだけど、、
あー仕事、、
未莉愛ちゃん(ミリア)
あのね、今度オーディションがあって、それ、ごーかくしたら、有名なファッションショー出れるの!
未莉愛ちゃん(ミリア)
でも、結果を聞くわけにはいかないから、どこを頑張ればいいか、ヒントだけ教えてくれない!?お願い!
彩海(アミ)
わかった
彩海(アミ)
じゃあ、、