無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,404
2020/12/12

第62話

信用
エース「あなた、俺達の事信用してねーのかよ」

あなた「誰もそんなこと、、言ってない!」




私はみんなのことを信用している

しすぎている

だからこそ失ってしまうのが怖い

大切なもの失うのが怖い








エース「お前は、俺達のこと考えて言ってんのかもしんねーが

俺にはお前が俺達の事信用してねーように聞こえた」

あなた「、、、、、」

エース「俺は、頭悪ぃから思ったことしか言えねー

誤魔化すのも得意じゃねーから、言うぞ」

あなた「、、いいよ」





考えるのが苦手なエースはきっと私に出ていけって

言うだろうな

単純だから












エース「あなた、大丈夫だ!!俺達が守ってやる!!」














あなた「、、、、、は?」

エース「俺達がお前より弱いわけねーだろ!!

あなたが暴走したりしたら、俺達が全力で止めてやる!!

お前が俺らの心配するよーになぁ、俺達もお前が

心配なんだよ!!」

あなた「ッ、、、、、、、、」









本当に、馬鹿で単純でアホなのに












言葉は真っ直ぐだ