無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,075
2021/06/01

第68話

幸せな時間
エース「別に俺は、謝ってほしいわけじゃねぇんだけど、、、

まぁ、いっか、、許してやるよ!」

ハルタ「なに偉そうに言ってるわけ?」

イゾウ「お嬢はまだ餓鬼なんだから、あまえときゃいいんだよ」

サッチ「そうだぜあなた!お前が居なくなるとか言った時はもうヒヤヒヤしたぜ……」

マルコ「ほら、大丈夫だったろ?あなたはこれからも俺たちのクルーだよい」






あなた「…………」






もう、やだ………………

この人たちは、良くも悪くも裏表がなさすぎる…

今の私を、言葉で表すとするのなら、それはきっと





"幸せ者"




っていう言葉だと、私は思う














































オヤジ「あなた」

あなた「…オヤ、ジ」




ロビーの雰囲気がだいぶ明るくなってきた所で、オヤジが現れた

本当は、ロビーで話し終わったら行こうと思ってたんだけど

手間が省けた




あなた「……オヤジ、私は、弱い」

オヤジ「……」

あなた「……だから、私は、、強くなる

身体も、、心も、もっと強くなるから、、もう、負けないから、

だから、私を、、船に置いてください」

オヤジ「…………」






































オヤジ「グララララララ!!当たり前だろ!お前は俺の娘だ!家族が俺の船に乗っちゃいけねぇことはねぇだろ?」

あなた「ッ〜〜!!」

エース「あー!オヤジがあなたを泣かしたぁー!!」







今の気持ちを、どう表したらいいのか、どの言葉で表すのが正解なのか

分からない

分からないけど、きっと私は






























今この瞬間、世界で、1番幸福な時間を過ごしてる