プリ小説

第6話

#5
自分
ここ広いですね…
ンダホ
でも、学校から遠いんだよね〜
ダーマ
お!誰??
自分
こんにちは
自分
今日から住ませてもらいますm(*_ _)m
ダーマ
そうなん!俺シルクから聞いてないんだけど!!w
シルク
だって言ってねぇもん
ぺけたん
宜しくね!僕はぺけたん!ぺけって呼んでね(´∀`)
ダーマ
俺はダーマ!なんて呼んでもいいよ!
シルク
あと一人いるんだけどダンスに行ってるな
ンダホ
ザカオって言う人!人が多くて覚えにくいかも!!
シルク
だなー
モトキ
じゃー俺たち戻っとくからね
シルク
ンダホ、あなたにここの構造教えに行こ
自分
あ、ありがとうございます
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
モトキ達視点
ダーマ
あいつ可愛いんだけど
ぺけたん
それ
モトキ
ンダホ惚れたらシーぜ
マサイ
あれは惚れて当然だろ
ぺけたん
皆あの子のこと好きってことでいいのかな?w
モトキ
そだな
マサイ
誰が両思いになれるか対決しよーぜ

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

akue🌼💕
akue🌼💕
おはようございます、こんにちは、こんばんは! akue^_-☆といいます!! 今から私の自己紹介をしていきます。 是非見ていただくと嬉しいです╮ (. ❛ ᴗ ❛.) ╭ 私は、小説を書いていきたいと思います! もちろん読んだりもします! 主な小説は、学校生活の小説です! ※苦手な人は見なくて良いので、悪口はやめてください ※akue^_-☆の小説が好きだって言う人は、 🌼💕このマークを名前の後に付けて頂くと、 私は死ぬほど泣きますw マークを付けたら是非コメントして頂くと嬉しいです!╮ (. ❛ ᴗ ❛.) ╭ 最後に福岡住みなので、方弁があると思います!そこはすみません😭