無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第16話

二つ目の助言
郁人
はよ
質問攻めが終わって席に着いた時、前の席から郁人が振り返ってきた。
郁人
逃げずに有言実行したな
凛雨
うん。絶対被らないように、制服の下にパーカーをそもそも着てこなかったんだ
郁人
ふーん
郁人は椅子の背に頬杖をついて笑う。
郁人
すげぇじゃん
凛雨
……あ、ありがとう
気恥ずかしくて、えへへ、と変な笑い方をしてしまう。
郁人
んじゃ告るか
凛雨
えぇっ!?
郁人
冗談冗談
「てか、でかい驚きようの割に声は大きくないんだな」と何気なく付け足された言葉が僕の心にぐさりと刺さる。

そう……僕、あんまり大声が出ないんだよ。このせいで中学生の時、運動会の時期になると隊の先生に居残りで声出し練習をさせられて辛かった。

同じ隊だった仁菜が一緒に居残ってくれたから生き延びられたようなものだ。鬼だった。あの先生。


……何の話してたんだっけ。

郁人
フード脱いで一歩前進っつっても、今のままじゃ告白できねぇだろうし。フラれるって怖くなって「やっぱりなんでもない」がオチだ
あ、そっか告白……ズバズバ言うなぁ郁人。

でもすごく的確だ。今のまま告白しようとしたら本当にそうなりそう。
郁人
で、何すりゃいいかってことになるけど
凛雨
うん
僕は表情を引き締め、郁人のアドバイスを逃さないように耳を研ぎ澄ました。
郁人
話したことない奴に、自分から話しかけれるようになれ

…………な、なんで。
郁人
それやることでお前が分かってないことが分かるから。ほら、あそこで女子が困ってんぞ
郁人が指差した先を目で追うと、教室後ろの黒板を前に女子が一人で立っていて、手に持っているプリントと黒板の掲示物を交互に見ていた。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ノア
入賞者バッジ
ノア
ノアです、よくラノ書いてます笑 小説を書くのが好きです^^* アイコンはりーちゃんこと莉兎から! ありがとね(*´v`) nanaやってます! 「月輝」という名前なので、見かけたら声かけて下さると嬉しいです(*´▽`*) 「カクヨム」というサイトの 『片想いの恋人〜この手は心に、届かない。〜』が面白いので、是非見て下さい!!オススメです! 【大切さん!みんな大好き✨】 妻&親友 星空姫 姉 颯。 双子の姉&神友 莉兎 妹 未絢、ユナ(千騎)、いな cocoa、藤原尊、ノヴァ、れんげ、葵
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る