無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

79
2021/01/25

第9話

8話



家にて


※承太郎にメモを渡しました


ジョセフ・ジョースター
さて...どうするかのう......
モハメド・アヴドゥル
誰か敵の特徴覚えてないか?
花京院典明
あっとゆう間の出来事だったからな...
ジャン=ピエール・ポルナレフ
それに直ぐに消えちまったしよォ
ジョセフ・ジョースター
承太郎は覚えとらんか?
空条承太郎
「覚えてない」
ジョセフ・ジョースター
そうか.....
ジョセフ・ジョースター
あなたは覚えとらんか?
狛枝(なまえ)
狛枝あなた
えっと...少し見覚えのある人..だと
思います
全員
「  ホントか!?  」
狛枝(なまえ)
狛枝あなた
多分...そうです.....
ソー・ブレスド
見間違いじゃねェ〜か?
ソー・ブレスド
よく見てないんだろ?
狛枝(なまえ)
狛枝あなた
そう..だけど...
狛枝(なまえ)
狛枝あなた
多分..私の名前...言ってたし
ジャン=ピエール・ポルナレフ
あんまり宛に出来ねェ〜な
ジョセフ・ジョースター
じゃが否定も出来ない
花京院典明
これじゃらちが明かないな
モハメド・アヴドゥル
取り敢えず朝食にしないか?
モハメド・アヴドゥル
何時までも分からない事に悩まずにな
ジャン=ピエール・ポルナレフ
確かにそうだな
何時まで悩んでても仕方ねェからな
モハメド・アヴドゥル
ところでポルナレフ
これ食べてみてくれないか
ジャン=ピエール・ポルナレフ
なんでだよ...
特に匂いしねェ〜けど......パク
ジャン=ピエール・ポルナレフ
....................
モハメド・アヴドゥル
どうした?
ジャン=ピエール・ポルナレフ
どうした?じゃねェ!!!
ジャン=ピエール・ポルナレフ
これ凄く辛いぞ!!!
モハメド・アヴドゥル
やはりそうか....
ジャン=ピエール・ポルナレフ
はァ?分かってて食わせたのか!?
モハメド・アヴドゥル
そうじゃない...
モハメド・アヴドゥル
私が食べた時味がしなかったんだ
モハメド・アヴドゥル
流石に匂いはしたがな......
ジャン=ピエール・ポルナレフ
それじゃ...俺は嗅覚,アヴドゥルは味覚やられてんのかァ?!
モハメド・アヴドゥル
そう言う事だな
モハメド・アヴドゥル
私達はあまり支障が出ないが...
承太郎達は困難だろう
ジャン=ピエール・ポルナレフ
そうだな......アヴドゥルもスタンド攻撃を受けているならジョースターさんも受けてるだろうな
モハメド・アヴドゥル
五感を操る能力なら残りは感覚だろうが...これは少々厄介だな
ジャン=ピエール・ポルナレフ
まッ,相手がどんな奴だか情報を集めない事には話は進まない
ジャン=ピエール・ポルナレフ
取り敢えずこの料理以外食っちまおうぜ
モハメド・アヴドゥル
そうだな





..................................................


..............................



朝食終了


狛枝(なまえ)
狛枝あなた
あのこの後町に出てもいいですか?
ジャン=ピエール・ポルナレフ
あなたお前1人で町に行くつもりか!?
狛枝(なまえ)
狛枝あなた
はい...ソーが居るので私1人でも聞き込みは出来ると思うので....
ジャン=ピエール・ポルナレフ
俺も付いて行くぜ
ジャン=ピエール・ポルナレフ
ソーが付いていても能力には限りがあるだろ?まぁあなたが良ければだがよォ
ソー・ブレスド
はァ!?お前が居なくても俺g......
狛枝(なまえ)
狛枝あなた
確かに私1人では不便もあるので......
2人で行きましょうか
ジャン=ピエール・ポルナレフ
おぉ!早速行こうぜ〜
ソー・ブレスド
チッ人の話聞けよ....
ジョセフ・ジョースター
わしらも行くか...
ジョセフ・ジョースター
じゃが承太郎と花京院を残して行くのもな....
花京院典明
僕は置いて行った方がいいでしょう
花京院典明
目が見えないんじゃ使い物にならないので
ジョセフ・ジョースター
承太郎は行けるか?
空条承太郎
「あぁ行けるぜ」
空条承太郎
「敵を見た奴が行った方がいいだろ」
モハメド・アヴドゥル
では承太郎と私が行こう
モハメド・アヴドゥル
ジョースターさんは五感の何を操られているか分からないからな
ジョセフ・ジョースター
そうじゃな....ならよろしく頼むぞ



それぞれ町に聞き込みに行く中家に残った組は......


ジョセフ・ジョースター
花京院...
あなたの事で話があるのじゃが......
花京院典明
奇遇ですね
僕もあなたの事で話があるんですよ...
花京院典明
先にどうぞ...
おそらく同じ事だと思いますが.....
ジョセフ・ジョースター
あなたのスタンド...ソーじゃがアレは
スタンドではないと思うのじゃが......
花京院典明
そうですね...スタンドは人間の生命エネルギーと精神的エネルギーが形を持った像となって現れる現象ですからね
花京院典明
本体である僕が目をやられていて僕のスタンドを出しても見えるはずがない
ジョセフ・ジョースター
じゃがあなたはソーを通して会話が聞こえていた
花京院典明
例えばソーがスタンドではなく別の何かだとしましょう.....そうするとあなたはスタンド使いではなくなる筈です...
花京院典明
ですがあなたは承太郎のスタンドが見えていたんですよ......
おかしいと思いませんか?
ジョセフ・ジョースター
あなたはソーの他にスタンドを隠し持って居るのやもしれん......
ジョセフ・ジョースター
わしらはあなたの事をまだ何も知らない
2人
あなたは一体何者何だ......












........................................................................................


To be continued...