無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

243
2021/02/21

第2話

🧡
写真が好きな俺

俺が幼少期の頃同級生のあなたに

康二「ぼく、おーきくなったらあなたちゃんの
   おしゃしんとりゅー」
あなた「ほんまに!やったーこーじくん
    ありゃーと!たのしみにしてりゅー」


それから21年後26歳

康二「ええねー目黒くんもっとエロくええよ〜」

俺はプロカメラマンになった
あなたは高校から会ってない
「多分あの頃の約束忘れてるやろな〜」って
思ったりもしとる…

スタッフ「あなたさん入られま〜す」

あなた…あなた!?いや…考えすぎか…

あなた「よろしくっお願いいたします!
    あなたです!」
康二「ッ……!?」

この声そうや!あなたや!

あなた「あれっ!?康二?康二やん!」
康二「おぉ!あなた久しぶりやな!」
あなた「約束果たしに来たで!
    康二〜忘れたとは言わせんぞ笑」

あなた覚えとったんやな…

康二「おう!覚えとるよ!
  よっしゃ可愛く撮るであなた!」

康二「パシャパシャ📸ええなあなたもうちょいエロく」
  「ええよ〜最高やあなた!」

仕事であなた写真撮ったけど
またプライベートであなたの事撮りたいから
後であなたにLINEしよっと

あなた「康二!手止まってんで」
康二「すまんすまん!思わず見惚れとったわ」
あなた「もう!康二ったら笑」

今は仕事に集中しやななニコッ