無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

236
2021/02/22

第3話

❄️(💗)
死ネタです苦手な方はUターンで…お願いします

______________________


私は佐久間くんのことが好きだ…
でもそれは絶対に叶わない…
だって私はガンでもうすぐ死ぬんだもん…
高3で死ぬのか…学校ももう来れないけど

大介「あなた〜」

この声はもう聞けなくなるのかな…

大介「あなた〜大丈夫?
   最近元気無さそうでやんすけど…」
あなた「いや元気よ?ごめんね佐久間くn…」
大介「だ〜か〜ら〜佐久間くん呼びは
   嫌だって言ったじゃん…」
あなた「ごめんごめん大介でっ?要件は?」
大介「そうそう!あのね明日アニメイトでね!
   期間限定のグッズがあるんだけど」

あっそうそう2人ともアニヲタで
最初知り合ったんだっけ…

大介「あなたやめて?」
あなた「えっ…」
大介「最近あなた悲しい顔ばっか…」
あなた「ごめん…」
大介「言ってよ…俺ってそんな頼りない?」

十分…十分過ぎるほど頼ってるよ…

大介「教えて?俺気になる…」
あなた「でもっ…」

言ったらきっといなくなる…

大介「言っていなくなるって思ってるでしょ?
   いなくならないから」
あなた「言うよ?大介…」
大介「うん…」

言った去年ガンが見つかったって伝えた
ステージは言ってないけどね?笑
でも大介は…

大介「そっか…でも大丈夫俺いるから!」

ニコニコして言ってくれた
心が救われた…でも決めてるんだ…
ごめんね大介私

今日死ぬって決めてるんだ…

明日アニメイト行けないや


学校の屋上

ここで死ぬんだ
楽しかったな…大介に会ってから
アニメの話ができたそんな友達いなかったから

あなた「ありがとう大介さよなら」

柵を超えて死ぬ決心をした時

          バッン

音がなった気がして振り向くと

大介「あなた!!」

大介がいた…

大介「あなた…何してんだよ…戻って来いよ…」

ごめんね大介

あなた「大介ごめんね最後に…
    大介…大好きだよさようなら…」

もう思い残すことはないよ?
空の上で大介の事ずっと見てるから…