無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

なな
海人side

晴斗
いよいよ体育だな!笑
海人
あー、うん…。
晴斗
なに?緊張する??笑
海人
うーん…緊張…するよね。
晴斗
まぁどんまい!
俺、見守ってっから!笑

体操服(ジャージ)に着替え、

恐る恐る教室を出る。
晴斗
そんなにビビってんの?笑
海人
うるさいなっ!////
海人
急に教室から出てきてぶつかってとかになったらどうすんの?
晴斗
いや、少女漫画の見すぎだって笑笑
すると、


廊下に今日話した丸山と山下が歩いていた。

晴斗
あ、山下じゃん。あの隣にいる人が今日の朝喋りかけてきたって言う人?
海人
そう!あの人!確か、丸山鈴芽って言ってたかな?
晴斗
へぇ〜。

改めて山下を見ると…













やっぱ可愛い…///












そりゃ身体も勝手に動くか笑










…謝らないとな、ビックリさせたし、








恥かかせたし…。







そして、授業が終わり、片付けを始める。
今日は外でハードルをやった。


コーンとハードルの片付けをしなければいけない。

海人
なんでよりによってこの4人なんだろな。

遠くにいる丸山と山下を見つめながら言う。
晴斗
まぁ、しょうがないじゃん?
晴斗
てか、見つめてないで手動かせよ笑
海人
あ、ごめん。
晴斗
そんなに好き?笑
海人
え、いや…。
晴斗
まぁそりゃ壁ドンからのキスだもんな〜笑笑
海人
だからキスしてないって!!
晴斗
(*´罒`*)イヒヒ
先生
おーい冴島〜!ちょっとこっち手伝ってくれ〜!
晴斗
はーい!
海人
え、待って!行っちゃうの?
晴斗
うん、呼ばれてるからね?
海人
えぇー!先生ー!俺もそっち行きたいです〜!
先生
髙橋はそっちやっとけ〜!
海人
えぇ〜?
先生
手伝って欲しいなら山下とか丸山…はどこいった?
ま、いいや、山下に手伝ってもらいなさい。
海人
はぁ?
晴斗
どんまい笑
先生
冴島早く〜!
晴斗
はーい!
晴斗
じゃね!
海人
えぇー…マジかよ。


丸山は姿を消して山下は1人でコーンを片付けている。

冴島は先生に呼ばれて片付け手伝ってるし…。










まぁ1人の方がいいんだけど…。









仲良くなるには話しかけないとだよね…。










謝らないとだし…。


とりあえず俺は山下の方へ向かって歩く…。


海人
あ、山下…さん…。
あなた
Σ(OωO )ビクッ!?

あれ?なんで目合わせてくれないんだろ…。
海人
あの…
あなた
ごめんなさいっ!!

山下あなたは頭を深くさげる。
海人
え…?



なんの謝り…?





付き合えないの謝り?





話しかけないでの謝り?









え、なんで謝んだろ…。










山下はなんもしてないのに…。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

♚R♔
♚R♔
❤🖤🧡King&Prince💜💙💖 キンプリファン(ティアラ)と繋がれたら嬉しいです! ティアラじゃなくても繋がりたい! キンプリall担です笑 同担拒否してません! どうかフォローお願いします!! フォローしてくれたら フォローで返してます笑 友達になりたい方は、くぅちゃんとお呼びください笑←そもそもなりたい人いるか…?笑 くぅちゃんって…なんか呼ばれたい名前。笑 なんです笑
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る