無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

悲しみと愛が混ざった感情
私は今、体育でバトミントンをやっている
步水戸
步水戸
(月海さんものすごく運動神経いいなぁ…)
秋花月海
秋花月海
……
ピーーッ!
笛のなる音がした
秋花月海
秋花月海
はぁ…はぁ……
步水戸
步水戸
月海さん!
秋花月海
秋花月海
…?
步水戸
步水戸
ものすごく良かったですよ!
秋花月海
秋花月海
……ありがとう…
優香咲 夜晴
優香咲 夜晴
ちっ…まじでアイツうざ……
体育は終わった。
優香咲 夜晴
優香咲 夜晴
ねぇ、月海。放課後体育倉庫来て
秋花月海
秋花月海
……いいけど…
 放課後







私は何もかも疲れていた
優香咲 夜晴
優香咲 夜晴
ほんとに来たんだー
秋花月海
秋花月海
なんの用?
優香咲 夜晴
優香咲 夜晴
なんでもいいじゃん。話があるからさっ!
秋花月海
秋花月海
いっ!痛い!
夜晴に髪を引っ張られた
秋花月海
秋花月海
離して!
優香咲 夜晴
優香咲 夜晴
だったら、步水戸くんと話したことを後悔しろよ!
あと胡春と喧嘩したことも!
……


泣きたい
叫びたい
その気持ち沢山あった