無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

嬉しみの意味
翌日
最近、いじめれる雰囲気はなかった
その代わり、雰囲気は大きく変わった
秋花月海
秋花月海
なぁ、步水戸。
步水戸
步水戸
ん?どうしたんですか?
秋花月海
秋花月海
あれから1週間 夜晴が学校に来ないけど、どうしたの?
步水戸
步水戸
えっとぉ、昨日の放課後、夜晴さんが月海さんの事を玩具のように使ってたから
録音してsmsにあげたんですよ!
そう言って步水戸はスマホの画面を私にみせた
秋花月海
秋花月海
これ……が?
私は驚いた
步水戸
步水戸
はい!コメント見てください!
コメントを見てみると
[青髪の子、可哀想…]
とか
[いじめ現場、発見!]
とかのコメントが書かれていた
秋花月海
秋花月海
……
私は涙が出てきた
なんでだろう
步水戸
步水戸
あわわ、どうしたんですか!いきなり泣いて…
秋花月海
秋花月海
…ごめん…ね……。ごめん…ね……。
步水戸
步水戸
……(ニコ)
步水戸
步水戸
なんで泣くんですか?
僕は月海さんの元気な姿の方が僕も元気になりますのに……。
暖かい声で言った
そして、步水戸は私の頭を撫で、抱きしめた
君は…なんでそんなに優しいの