無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

嘘の言葉
ー実家ー
秋花月海
秋花月海
ただいま〜
お母さん
お母さん
月海。ちょっと来なさい
……やっぱりね
秋花月海
秋花月海
何?
お母さん
お母さん
あなた、胡春ちゃんと喧嘩したんだって?
秋花月海
秋花月海
うん
お母は怒りを感じる声で話しかける
自分が悪いってことはわかってる。
どうせ叱られるって分かってる。
お母さん
お母さん
何でそんなことを?
秋花月海
秋花月海
……
言えなかった
素直に【学校でいじめられた】なんて言いたくない。
だって迷惑かけたくないし、相手に何されたであろうと泣かせたくなかった。
私は嘘を付く
秋花月海
秋花月海
ちょっとね、下校中に胡春と喧嘩しちゃってさ
お母さん
お母さん
そうなの?だからこんなにアザとか傷が
秋花月海
秋花月海
うん。だけど元々私が悪いの
お母さん
お母さん
なんで?
秋花月海
秋花月海
私が胡春の事ブスって呼んでたから
お母さん
お母さん
(  '-' )ノ)`-' )ペシッ
お母は黙って私の頬を叩いた
だけど私はこうなるとわかってた
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
琴伯
琴伯
悪いが、ここで終わりだ
ごめんねm(_ _)m