無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

646
2021/09/09

第3話

あの日のことは絶対に忘れない(2)



























んぅ…………あれ…俺何してたんだっけ……
チョンジョングク🐰
チョンジョングク🐰
んぅ……































俺は、体育館のステージにマットをしかれ、その上に寝かされて、毛布を丁寧にかけられている状態だった……、誰がやってくれたんだろう…









遠くから、バッシュの擦れる音がする…



















キュッキュッキュッ……



























これらに気づいたのか、走ってきたε≡≡\( ˙꒳˙)/シュタタタタ


































タッタッタッ∠( ˙-˙ )/しゅたっ





パクジミン🐣
パクジミン🐣
良かった!!起きたんだね!
パクジミン🐣
パクジミン🐣
具合は悪くない?大丈夫?(*^^*)
チョンジョングク🐰
チョンジョングク🐰
あっ、はっ…はい……
パクジミン🐣
パクジミン🐣
あっ、いきなりごめんね!僕は!
チョンジョングク🐰
チョンジョングク🐰
知ってますよ…ジミンさんですよね?
パクジミン🐣
パクジミン🐣
えっ!?なんで僕の名前を!?






























そのくらい分かりますよ……
だって、学年関係なくめっちゃ人気だし、そこら中の女子男子なんてジミン、ジミンって…






ここは…あえて冷静に……
チョンジョングク🐰
チョンジョングク🐰
いえ、たまたま見かけたことがあるだけです…
パクジミン🐣
パクジミン🐣
そっか!(*´∀`*)











キュッ…少し胸が締め付けられた気がした…
なんだろう…この感じは






























俺は、ポケ〜っとジミンさんを見ていた。
チョンジョングク🐰
チョンジョングク🐰
( ˙⌓˙ )ポケー
パクジミン🐣
パクジミン🐣
えっ、えっと〜…君の名前はなんて言うの?
チョンジョングク🐰
チョンジョングク🐰
( ºロº)ハッえ、えっとですね…
チョンジョングク🐰
チョンジョングク🐰
チョンジョングクです……
パクジミン🐣
パクジミン🐣
へぇー!いい名前だね!
チョンジョングク🐰
チョンジョングク🐰
ジミンさんこそ
パクジミン🐣
パクジミン🐣
(;´・ω・)ウーン・・・なんか気に入らないんだよね〜
僕のこと、もっと気軽に呼んでいいよ?
チョンジョングク🐰
チョンジョングク🐰
えっ…じゃあ、ジミニヒョンって呼んでいいですか?
パクジミン🐣
パクジミン🐣
いいね!
チョンジョングク🐰
チョンジョングク🐰
じゃあ、僕のこともグガとかグクとか好きに呼んでください!
パクジミン🐣
パクジミン🐣
わかった!!よろしくねグガ!
パクジミン🐣
パクジミン🐣
(*^^*)




























ジミニヒョンの笑顔に俺は、心を奪われた…
完全に心を撃ち抜かれた…(⑉• •⑉)










ヒョンの笑顔は、
笑うと糸目で可愛く、愛らしい天使のようだった…
























きっと、この瞬間、俺は、人生で初めて












































゛恋をした゛
ここで切ります!











皆様ー!!!!





まだ公開して間もないのに、お気に入り様がとても多くて感謝です!
主です〜
主です〜
主は大喜びです!(●︎´▽︎`●︎)
主です〜
主です〜
:+感謝☆(´∀゚人)感激☆(人゚∀`)雨アラレ~☆*.。・:+




ゔぅん…ゴホン、すいません、少し訳の分からないことを…







それでは次回でお会いしましょう!






ハート、コメント、お気に入り登録お願いします!









皆様사랑해요(*´`)♡