無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

stone02. 田中樹の場合
「お聞きいただいたのは、来月発売のSixTONESさんのニューシングル、(新曲タイトル)でした。何度聞いても素敵ですね…。」


💛「あはは、嬉しいなあーありがとう。」


❤️「じゃあ、そろそろ家での樹の様子も聞いちゃっていい?俺らは楽屋での樹の話するから!」


🖤「リスナーさんは樹の楽屋と家の両方知れるから、超お得じゃない?」


💙「勝手に話が進んでくんだけど俺らに拒否権ないのな?!」


💖「ない!楽しいから!」


💚「えっとーじゃあ俺行きまーす!


さっきここ来るまでに、樹が今日のラジオあなたさんのとこだから緊張するけど終わったら一緒に帰れるのすっげえ嬉しいって言ってましたっ!」


💙「あ!?お前それ言うなよ!!」


「……あれ?

じゃあ、今夜のSixTONESさんのオールナイトニッポンには田中さんはご出演されないということですか?」


(盛大なネタバレをしてしまったことに気づいて狼狽えるメンバー一同、対して笑いを堪えるのに必死な佐藤という数秒間)


💙「オールナイトニッポンまで時間あるから1度帰れんじゃん!って言ったの!俺は!」


「じゃあ、ご出演される、と?」


💙「え、えぇ〜〜言えないっ!内緒!!」


「……ふふっ。さとラジをお聞きのSixTONESファンの皆さん、残念ですが今夜のSixTONESのオールナイトニッポンサタデースペシャル、田中樹はいないようです〜。」


❤️💚(爆笑)


🖤「馬鹿じゃん…」


💛「あーあ…(苦笑)」


💖「さとちゃん、家での樹もこんな感じ?」


「家での田中樹の様子……うん、こんな感じですよ。


あんまりテレビやYouTubeで見る彼と変わりないと思いますよ。ただ、ラジオで見せるリスナーさんに対するようなキレの良さは家ではないですね〜なんだかひとつネジが取れちゃってます。」


❤️「AHAHAHAHA!!ネジがないの!」


🖤「楽屋でもたまに虚無だよな、そんな感じになんの?」


💙「いや、なってねーよ!っつか、虚無でもねえ!!」


「家にいたらこの鋭さがないです。基本、優しいですよ。」


(へぇ〜と反応するメンバー)


💙「ちょっ…あなたさん、しー!!」


💚「樹、優しいんだぁ〜〜、へぇえ〜??」


❤️「樹さあ、早く帰れそうな時って嬉しそうにスマホ見てるよね。佐藤さんに連絡してんの?」


「あ、連絡来ますよ。早く帰れそうだから夕飯一緒に食べたい、って来ます。可愛いですよね。」


💛「えー、リスナーの皆さん、今僕の目の前で樹が耳を塞いで聞かないようにしてるんだけど、佐藤さんはそれをスルーしています(笑)」


(肩をばしばし叩く音がラジオにも響き)


🖤「樹、樹?聞けって、おい、ラジオだぞ?」


💖「でもさ、樹がご飯食べたいって言ってるの聞くとなんか嬉しいよね。腹に入ればなんでもいい、みたいなとこあるじゃん。」


「ふふふ。胃袋ゲットしちゃったんですかねー(笑)」


💙「ねえちょっと、俺ら来たからってテンションあがって変なこと言わないで!?」


💚「樹が照れてる〜!」


💙「照れてねえ!!」


「はーいそれじゃあ、次のお便りいきますね〜」