無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

stone03. 京本大我の場合
「アニメソングブロック、続いては、山本あなたさんに大ヒット中の映画主題歌を初披露していただきます!」


「お願いします〜〜!」


「山本さん、楽曲に対する思い出などはありますか?」


「そうですね…。


この曲は映画を見て書き下ろした新曲になるんですけれど、制作が大変でしたねー…。


夫が原作の大ファンなんですけど、同じような原作ファンの方々をガッカリさせたくなかったので、時間をかけて原作の世界観を壊さないように作らせていただきました。」


「ありがとうございます。さて、視聴者の皆さんには、そんな曲の歌詞にも注目しながらきいていただければと思います。


そしてなんと、今日限りの映画特別映像とともにお送りいたします!」


紹介されているうちにステージへと移動して、目を閉じる。


「それでは、山本あなたさんで、“scarlet”」


ステージ後ろの大きなスクリーンに映画の映像が映し出されるなか、伴奏がはじまり、閉じていた目を開けて歌い出す。


ドレスアップしてもらった先程とは違う、曲名のような紅色のシャツワンピース。そしてスタンドマイクで歌う気持ちよさ。


可愛いドレスもいいけど、やっぱり私にはこっちのスタイルの方が合っている気がする。


この曲は映画のために書き下ろした曲だから、映画の良さをわたしなりにぎゅっと詰め込んだ曲。


いまや長寿番組となった探偵アニメの劇場版、その主題歌を担当することがわかった時、誰よりも喜んでくれたのがきょもだった。


そんなきょもをはじめ、ファンの方に受け入れてもらえるように試行錯誤して書き上げた曲だからこそ、いつも以上に気持ちを込めて歌う。


歌い終わり袖にはけたらスタンバイしてたSixTONESの皆がいたから、小さく会釈して横を通って行こうとしたら、髙地さんがかっこよかったよ〜!と声をかけてくれた。


「わ、ありがとうございます!皆さんのステージも楽しみです!」


『あなたちゃん…scarletめっちゃいい!ねっ!!』


髙地さんとお話していたら、興奮気味に目を輝かせたきょもに言われる。いつものことだけれど、こうやって素直に感想を聞かせてくれるのが嬉しい。


「ありがとう!わたしも楽しみ。頑張ってね。」


次の次。SixTONESの出番が楽しみだったから、お喋りも程々に早めに楽屋に戻る。


なんとか間に合って、着替えも後回しに1視聴者としてステージに釘付けになる。


スペシャルメドレーと題して披露された3曲。相変わらず綺麗な高音としなやかなダンスに魅了される。


歌番組できょものアイドル姿を見るたびに、あぁ、やっぱり好き!と実感するなんて、我ながら溺愛すぎるんじゃないか。


でも恋ってこういうものだよなあ。昔味わえなかったトキメキをこの年になって感じることになるとは思わなかった。






@山本あなた 5分前
新曲“scarlet”初披露でした!いかがでしたか?
スタンドマイクはやっぱり落ち着きますね。
因みに、衣装は新曲作成中にわたしが街で見つけて、一目惚れした自前のシャツワンピースです。こんな色めったに着ないけど、気に入ってます。
(ピース姿の全身写真)





@aaaaa
コラボ企画でやまきょも夫婦見て感動してたらまた同じブロックで歌っててやまきょも推しの為にあるタイムテーブル過ぎて泣いた。ドレス姿もワンピースも似合うよあなたちゃん〜!!新曲も映画に合っててまじで良すぎた。




@bbbbb
タキシードきょもからのいつものSixTONESらしい黒の男らしい衣装、振り幅激しくて温度差で風邪ひくしやまきょも2人でカメラに手振ってるとこ平和すぎてそこだけずっと見ていたい、花が飛んでるようにしか見えん。2人の結婚式2次会こんな感じだったんかな…。




@ccccc
山本ちゃんさりげなく夫って言ったな。きょも、絶対裏でニッコニコだったろうな。