無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

stone03. 京本大我の場合
年に数度ある、他のアーティストとコラボできる歌番組の企画。


そこで人気なのが、わたし、シンガーソングライターの山本あなたとSixTONES京本大我による通称「やまきょも」デュエット企画。


自分で人気って言っちゃっていいのか?って話なんだけど、番組側から大人気企画って言われるんだから、言っちゃっていいよね。


いっそデュエット組んで活動しちゃおうか?なんて2人で言い合ったこともあるけれど、やっぱりお互いの曲が好きだから、こういった歌番組で歌うくらいがちょうど良かったりもする。


「さて、今夜の“やまきょも”は、この後のディズニーソングメドレーにご登場いただきます!」


新人アナウンサーさんに紹介されて2人でステージへ向かう。ステージ袖からカメラへ向かって2人で手を振って、一度CMへ。


ディズニーソングメドレー、ということもあって緑色のプリンセスみたいに綺麗なドレスを着せてもらったわたしと、王子様のようにきちっとしたタキシード姿のきょも。


お互い見慣れない姿に笑い合いながらステージにあがる。


『あなたちゃん、凄い似合ってる。かわいい!』


「えぇ?ありがとう…照れるなあ。」


CM放送中、急にドレス姿を褒めてくれるからびっくりしたけれど、そのおかげで少し緊張がほぐれたかも。


今日の選曲は番組側から提案されたアナと雪の女王の
”とびら開けて“。


リハーサルでもミュージカル経験のあるきょもにリードしてもらいながら練習した楽曲で、わたしはこの曲のきょもの台詞パートが大好きだったりする。


ステージの上でCMがあけるのを待っていれば、楽しもうね、と声をかけて笑いかけてくれて、本番中なのに、ああ好きだなあ、としみじみ実感してしまった。


そして……ディズニーメドレー1番手がわたしたち。CMがあけて、歌い出す。


「ねえ、ちょっとおかしなこと、いってもいい?」











『おかしなこと言ってもいい?僕と結婚してくれ!』


「もっとおかしなこと言ってもいい?もちろん!」


曲を披露し終えて、他のデュエットが終わるまで一度捌ける。


最後のデュエットが終わった頃にまたステージへ上がってみんなで1曲歌い、ディズニーソングメドレーは終わり。


わたしもきょもも自分達の出番まで、着替える為にも一度楽屋へ戻る。


いつものコラボより緊張したけど、楽しかったなあ…と思っていれば、楽屋へやってきたきょも。


『あなたちゃんっ』


「うんー?」


『良かった、まだ着替えてない!ねえ写真撮ろう!本当にすっごく似合ってるっ』


「ありがとう。きょももかっこいいよ、さすがアイドルって感じ。キラキラした衣装似合うねえ。」


お互いを褒めあっていれば寄ってきたわたしのマネージャーに頼んで写真を撮ってもらい、次の出番までに着替えがあるきょもは満足そうに楽屋へ戻っていった。






@(歌番組公式Twitter) 5分前
スペシャル企画「ディズニーソングメドレー」ご出演の皆様、ありがとうございました!
京本さんと山本さんはこの後もご出演いただきますので、最後まで是非ご覧ください!
(企画出演者の集合写真)






@山本あなた 3分前
スペシャル企画ありがとうございました!珍しくドレスアップして貰ったので、きょもと写真撮りました(﹡ˆ﹀ˆ﹡)
この後、まだまだ出演します!21時頃〜映画主題歌の新曲を披露です!
(ツーショット写真)