無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第20話

stone04. 森本慎太郎の場合
あなた:森本慎太郎の嫁。
1992年生まれ。5歳年上。職業:女優。

朝ドラの主演をつとめて以来、名実ともに有名女優となった。

結婚を機に芸名を「あなた」から「森本あなた」として活動している。子役時代があるため芸歴20年以上のベテラン。


森本慎太郎との関係💚

出会いは数年前のドラマ共演だが、朝ドラ出演時、幼なじみ役として共演してから仲を深めていった。


お互いをリスペクトし合っており、仲の良い夫婦として芸能界でも話題となっている。


ドッキリ番組で仕掛け人であるあなたに対して、ビビリまくりの慎太郎が、あなたの名前を連呼していたことがSNSで「可愛い」と話題に。



💎はじまるよっ💎
樹『さあ!はじまりました〜SixTONESの(番組タイトル)!本日のゲストは森本あなたさんで〜す!!』



(キャァアー!!!)



「よろしくお願いします〜。」


SixTONESの冠トークバラエティ番組。

毎回ゲストを呼ぶんだけれど、今日はなんと、わたしがお呼ばれされまして。



樹『まずは、簡単にご紹介させていただきますね〜


知らない方はいないと思いますが、朝ドラ主演以降、名実ともに有名な女優さんとして大活躍中の森本あなたさんです。


ちなみにうちの森本慎太郎の奥様でもあります!!』


ジェシー「あなたさ〜ん!(手を振る)」


「わー、ジェシーくん〜(手を振り返す)」


(キャ〜〜!!)


樹『はーい、遊ばないでくださーい。』


ジェシー『えーと、なになに?


メンバーとも多数共演されていて交流のあるあなたさんなので、“あなたさんのことがどれだけ分かっているか?”プロフィール当てクイズをしまーす。』


樹『いや、それ俺のセリフ(カンペ)な!!…まあいいや!いきます!まずは出身地!』


慎太郎『はい!北海道!』


「答えられて当然の人が答えてるけどいいの?(笑)」


(答えられたのでパネルの出身地欄をめくる樹)


樹『北海道の札幌市出身、成人してからは北海道の事務所に所属してるんですよね。』


慎太郎『あれでしょ?あなたさんの事務所って北斗が大好きなTEAM NACSさんと同じ…』


北斗『そう!そうなのよ!!

あなたさん、全国区の女優さんなの!ローカルタレントじゃないのよ!』


優吾『北斗、興奮しすぎ(笑)』


「あはは!そうそう。TEAM NACSの皆さんはねえ、事務所のイベントで年に数回会うよ。」


北斗『そう!そのイベントでの絡みがまた面白くて!俺、もうね、大ファンよ。』


「ありがとう〜(北斗と握手し)」


優吾『北斗さ、めちゃくちゃあなたさんに懐いてるよね。』


慎太郎『懐いてるっていうか、ただのファンだよ(笑
)』


樹『俺、ツアーでしか北海道行ったことないなー。』


「そうなの?樹くんの好きなペンギンいるよ。」


樹『マジで!?野生の!?』


「嘘です。北半球には野生ペンギンはいませーん。」


優吾『樹の好きな、ってとこにはつっ込まないんだ(笑)』


樹『…そうじゃん!!俺別にペンギン好きじゃない!!』



(一同爆笑)



樹『…はい、あなたさんのわるいクセです、俺らで遊ばないでくださーい。次!デビュー作は?』


慎太郎『はいっ!』


樹『慎太郎以外ね〜。じゃあ…きょも!』


大我『え!……あの、あれでしょ、子役のときでしょ?』


ジェシー『わかった!(スーパー戦隊シリーズ)!!』


樹『はい正解〜!(パネルめくり)


ヒロインの幼少期役で出演してたんだって。これ、俺らちょうど世代だよね。』


慎太郎『見てたね〜!』


「昔は、大きくなったらあっち(ヒーロー)やりたいなって思ってたのよ。20代前半くらいまでかな。」


ジェシー『今は?』


「敵の幹部とかやってみたいかも。楽しそうじゃない?」


優吾『ヒーロー側じゃないんだ。あなたさんがラスボス、見てみたいかも。』


樹『そんなあなたさん、代表作は……』