無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

stone01. 松村北斗の場合

※これはSixTONESデビュー10年目のお話※


家族構成💎

あなた:松村北斗の嫁。元YouTubeスタッフ。
元スタッフのためメンバーからは下の名前で呼ばれている。
同い年ということもあり人見知り同士ながら親しくなった。デビュー5年目の年に結婚、双子の男女を出産。

【呼び方】
北斗→北斗くん、ほっくん
他メンバー→名前+くん


双子(姉):みなみ。一人称は「みな」。
SixTONESでは田中樹推し。
ライブ会場では度々、あなたの横で大きなうちわを振っている姿が目撃されている。

【呼び方】
北斗→北斗くん、ほっくん、パパ
樹→じゅりくん
慎太郎→しんちゃん
髙地→ゆーごくん
大我→きょもくん
ジェシー→ジェシーくん


双子(弟):みなと。一人称は「ぼく」。
SixTONESではジェシー推し。
いつかジェシーをこえることを夢見てる。慎太郎のことを慎ちゃんと呼んでいる。

【呼び方】
北斗→北斗くん、ほっくん、パパ
樹→じゅりくん
慎太郎→しんちゃん
髙地→ゆーごくん
大我→たいがくん
ジェシー→ジェシーくん

💎はじまるよっ💎
キャァアー!!

黄色い歓声に包まれながら登場したのは6人のアイドル。

その姿に目を輝かせて、大きなうちわを掲げる娘ちゃんと、サイリウムを懸命に振る息子くん。

今日はライブツアーの地方公演にこっそり参加。

もちろんステージに立つ一際妖艶さを放つ黒色担当には内緒。

チケットも自力でとったのっ!なんと2階最前席の、通路側。

トロッコとか客降りきたらもしかしたらバレるかも?なんて思うけど、やっぱりかっこいい姿を見たい。もちろん私だけじゃなくて、子どもたちもそれは同じで。

「じゅりくーん!!」

周りの歓声に負けないくらい声をあげるみなみ。

「ジェシーくんかっこいい!!」

興奮気味にサイリウムを振るみなと。

私も負けじと、黒のサイリウムを振る。くうー、かっこいいなあ!

「まま、じゅりくんかっこいいね!」

「ジェシーくんも!!」

「そうだねえ、かっこいいねえ。」

2人が大好きな樹くんとジェシーくん推しの周りのお客さんたちが、見える?大丈夫?と気にかけてくれる。

うーん。スト担って優しいねえ。

大きなモニターも見えるし、子どもたちの視力が私にも北斗にも似なかったから、ステージにいるメンバーの姿はしっかりと見えているみたい。

元気に大丈夫!と返事をして、ステージに釘付けになるふたり。


その後順調にライブは進み…





ライブも終盤、客降り。
みんなだって自分の推しに気づいてもらいたいはずなのに、小さい子どもが懸命にうちわとサイリウムを振る姿に、メンバーが近くに来たら樹推しここにいるよ!って教えてくれる。

優しい〜〜!!けど気づいて欲しくない〜〜!!!

もどかしさで引き攣った笑顔を浮かべていたら、とうとう近くに来た樹くんに気づかれてしまった。

みなみを指さして、おまえー!ってびっくりした反応。頭をわしゃわしゃと撫でて満足気に去っていった。

周りのお客さんは私たちが北斗くんの家族だってしらないから、よかったねー!って祝福してくれた。

「まま!じゅりくんきづいてくれた!!」

大興奮のみなみにそう言われて、まあ娘が楽しそうだからいっか。なんて思っていたら次から次へとメンバーが横を通過。

にやにやしながら寄ってきたジェシーくん、慎太郎くん。……え、樹くん絶対みんなに言ったでしょ。

ジェシーくんに目の前で歌われて、今度はみなとが大興奮で、ジェシーくんだあ!!と叫ぶ。

俺はー?って慎太郎くんが聞くから、しんちゃんも好き!とハモる子どもたち。

よし!って嬉しそうにした慎太郎くんはそのあと周りにもきっちりとファンサをばら撒いて去っていった。

そのあとやってきたのは、北斗くん。

なんでいんの?って一瞬驚いた顔をしたけれど、やっぱりアイドルだなあ。すぐに周りに笑顔を振り撒くだけ振りまいて去っていった。

子どもたちは、「パパ」と呼ぶのを黙って、振り撒かれる笑顔に不思議そうな顔をして、手を振っていた。



会場に散らばっていたメンバーがステージに戻ってきて、MCがはじまった。

「いや〜俺びっくりしたんだけどさ」

切り出したのは樹くん。

💙「北斗ぉ、嫁来てたね!!」

🖤『ね!俺もお、びっくりよ!聞いてないって!』

❤️「久しぶりに見たわ〜北斗のちびたち」

💚「つっても、東京公演ぶりだから2週間とかだけど!」

ねえ。MCでそんな話しちゃっていいの?!またMC長くてマイク切られるよ!?

💛「やめよう、お客さんたち取り残されちゃってるよ!」

💖「まぁー、とりあえず終わったら楽屋おいでよ!ってことで!」

🖤『そうそう。お待ちしてまーす』

…今、絶対こっちに向かって手振った。

バレないように来た意味がない。

というか嫁なのに旦那のサイリウム振ってたことが恥ずかしい!!見られたっ

周りに小さい子なんてそうそういないから、もしかして…?って周りのお客さんたちがひそひそとこちらを見ながら話しているのが分かる。

ああ、もう…。


その後も相変わらず長いMCは続いて、やっとライブ後半へ突入。MCが衝撃的すぎて後半の記憶なんて殆どないけれど、子どもたちは最後まできゃあきゃあと声を出して楽しんでいた。