無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第17話

stone03. 京本大我の場合
【きょもきょも美術館】


ただいまー✨

今日はあなたちゃんとアナ雪したよ!
見てくれたー?
後から聞いた話なんだけどあのドレスは
衣装さんがアナとあなたちゃんをイメージして選んでくれたんだって。似合いすぎる!!

可愛かったからみんなにもお裾分け!
(ツーショット写真)
どう?似合ってるよねっ✨

俺もドレスに合わせてタキシード着せて貰ったよ。
数年前、雑誌の撮影で着たぶりかな?


あなたちゃんのドレス姿を見てて思ったんだけど、
俺ら結婚式できてないから…
いつか式ができたらいいなって思っちゃった。


あ!
scarletめっちゃよかったよね!!
歌詞や歌声が映画の世界と凄く合ってて、
俺はこの曲を頑張って作っていたのを誰よりも身近で見ていた分、素直に感動した!!
原作ファンとしても、あなたちゃんファンとしてもね✨
scarletめちゃくちゃ好きだ〜〜






SixTONESとしてはアニメタイアップ曲をメドレーで披露したよ。
どうだった?
あの3曲は俺も思い入れのある曲だから、
これから先も大切に歌っていきたい。
3曲とも違う顔でカッコよかったでしょ?

またアニメ主題歌を担当できるように
これからも頑張って歌い続けるから
みんなは負けじと聞き続けてね!!!

それじゃっ
おやすみ〜〜











〜その日の夜のこと〜









「ねえきょもー、」


『なあにー?』


「…きょも、だいすき。」


『えっ?俺もあなたちゃんだいすきっ!』


「さっき、きょものブログ読んだよ。ブログでもいっぱい褒めてくれてありがと。」


『なんだあ、そんなこと?思ったこと書いただけだよ?』


「……きょも、本当そういうとこある。」


何が?って、ポカンとしちゃってまあ。


「きょもー。きょもきょもー。京本さーん」


『もう〜なに?』


「ドレス、似合ってた?」


『うんっ、凄く!あなたちゃん緑も似合うんだなーってびっくりした。』


「……白いドレスも似合うかなあ。」


『白?って…』


鈍感なきょもでも、さすがに気づいたみたい。


「…大我くんと結婚式、したい。」


お互いありがたいことに忙しくさせて貰っているお陰で、式なんてあげられる余裕がなかった。


もちろん今だってそうだけれど、今日のきょものブログを読んで…同じ気持ちなんだなって知れたことが何より嬉しくて。


“いつか”なんて思うままじゃ、もうこのままずっと出来ない気がしていたから素直に気持ちをぶつけてみる。


わたしに名前を呼ばれたことが衝撃だったのか、一言も発さないきょも。


「……きょも…?やだ?」


『まさかっ!しようよ、結婚式。あなたちゃんのこと大切にするって、ちゃんと神さまにも伝えなきゃ。』


そう言って微笑めば、ぎゅうーっと強く抱きしめられて。


『あなたちゃん、大我ってもう一回呼んで?』


「え。…大我くん?」


名前で呼ばれたことが嬉しかったのか、そのあともしばらくは俺の名前呼んで攻撃にあった。呼び慣れないわたしはただただ、くすぐったい気持ちになって。


呼ばれるたびに嬉しそうに頬を緩めるのが可愛くて、家にいる時だけは少しだけ頑張って名前を呼ぼうって思った。