無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

126
2018/12/22

第2話

2
校長「では、いい大学生活を」
私の学校はコースごとに
クラスが分かれている。

みかちゃんと同じコースにしたから
私達は一緒のクラスになった。
みか
みか
良かったなぁ。一緒で。
かな
かな
うん!
先生「それでは授業を…」
ガラ…
廉
はぁ…はぁ…
優太
優太
はぁ…遅れてさっせ…
先生「あら、初日に遅刻?
まぁ席について?」
かな
かな
(え!アイツ…
今朝ぶつかってきた奴…)
席は私たちの前が
ちょうど2つあいていた。
廉
ここか…え?
廉
お前…さっきの非常識女。
かな
かな
なっ…そっちやろ!
優太
優太
まぁまぁ!
同じクラスなんだからさ。
ケンカはやめよ。
~エントランス~
かな
かな
もぉー!
何でよりによって
アイツが同じクラスなんよ!
みか
みか
あはは。たしかに。
かな
かな
せっかくの大学ライフが
アイツのせいで…
みか
みか
でも何であんな
えらそうなんやろな。
かな
かな
知らん!自己中なだけやん。
みか
みか
でも結構顔はイケメンじゃない?
かな
かな
顔あんま見てない!
てか見たくない!
みか
みか
あらら(笑)
かな
かな
もうとにかく!
うちは大学生活
エンジョイするから!
みか
みか
意気込んでんなあ!
かな
かな
一生に一度しかない
大学生やで?
恋も遊びもがんばる!
みか
みか
勉強…もね?笑
かな
かな
…がんばる!