無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

96
2018/12/22

第12話

12
かな
かな
はぁ。
みかちゃん大丈夫かな…
廉
ふぅ…あ。
かな
かな
あ…
廉
かな
かな
廉
…来てたんやな。
かな
かな
うん…
廉
…ありがとう。
かな
かな
うん。
廉
てか…何で
俺のうちわ持ってたん?
かな
かな
え…?あ、いや!
あれはみかちゃんが…
みかちゃんに、持たされてんよ!
廉
…そうなん。
かな
かな
うん…別に永瀬の為に
持ってたんじゃないし!笑
廉
…嬉しかった。
かな
かな
…え?
廉
俺のうちわ…持ってくれて。
かな
かな
な…
廉
…ほんまありがとうな?
かな
かな
…いや…うん。笑
いつもと違うアイツに
わたしは戸惑いを隠せなかった。
廉
来うへんとかいうて
俺のうちわ持ってるから
どんなツンデレやねんておもたわ。
かな
かな
な、なんでやねん!笑
だからアンタの為じゃない…
廉
はいはい。
わかったわかった。笑
かな
かな
もう…
ほんま、漆黒って
アンタのための色やん!
廉
漆黒…?
あぁ。かっこいいやろ?
漆黒って。
かな
かな
これ以上腹の方も
漆黒にならんように気いつけや?笑
廉
な、うっさいわお前!
ほんま、
お前は喧嘩売るのやめろ。笑
かな
かな
買うのやめたら?笑
廉
まぁお前はそう言いつつ
俺のこと好きってわかったから。
痛くもかゆくもなくなったわ。笑
かな
かな
は、はぁ!?
何でそーなるん!笑
廉
…嫌いなん?
かな
かな
え…?
廉
俺のこと…嫌いなん?
かな
かな
…いや…べ、別に?笑
廉
照れんなって。笑
かな
かな
照れてないし!
廉
ちょっと…
可愛いって思ってもうたやん。笑
かな
かな
え…?
廉
あほ。笑
そう言って、
アイツは私の頭を撫でた。
かな
かな
…///
廉
…行くぞ。
かな
かな
う、うん…
かな
かな
(何なんこの気持ちは…笑
うち、コイツのこと好きなん…)