無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

No.5
あなた

ん・・・ぁ・・・ふ、ぁッ・・・

男A
可愛い声出るようになったな
それからの私は異常だった
次々に出しては抜き、髪発入れずに次の男のものが私を押し上げる

立つ力も無くなって

しゃがもうとすると私の体重がかかり、よりいっそ男のものが突き刺さる
あなた

あッ・・・んぁ・・・ぅ・・・

男B
もうさ、後ろも大丈夫だよね
そう言って、後ろの穴にも男のものが入ってくる
あなた

ひッ・・・ぁん・・・

男B
初めてだろうけど痛くないでしょ
たしかにその通りだ

痛いはず、初めてだもん

こんなやからにやられて嫌なはず

だけど・・・



気持ちよくて・・・気持ちいいの・・・
あなた

あぁ・・・んッ・・・

男D
どう?気持ちいい?
あなた

んッ・・・気持ちいいッ・・・ぁぁッ・・・

男A
初めとは大違いだな
あなた

もっとぉッ・・・ぁ、んッ・・・

男B
お互い伸びるまでやろうか、ねお嬢ちゃん?
あなた

ッ・・・はぃッ・・・




end