無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

39
2018/03/03

第5話

お邪魔しまーす!
お兄ちゃんが卒業したから、学校で会えないってことで、たくみくんはよく家に来るようになった。
たくみ
お邪魔しまーす!
はづき
どうぞ!
だから私も、たくみくんとなら少し話せるようになった。
はづき
お兄ちゃん、今出かけてるんだ。
お茶入れるからどうぞ!
たくみ
ありがとー!
私が友達にお茶を出す日が来るなんて。

友達ができたことが幸せすぎる…。
たくみ
はづきは、話してみるとそんなに暗くないな。
はづき
え?
たくみ
いや、ごめん。
今まで、暗いのかなーって思っちゃってたから。
でも、そーでもないんだなって。
はづき
あ、いや、その…
他の人は無理なんだけど…
たくみくんなら!話しやすいっていうか、なんていうか!
はづき
あっ、
やばい!
私、何言ってるんだ。
たくみ
そっかー。
ありがと!笑
たくみくんは、くすくす笑ってる。

なんか、勘違いされてたらやだな…。笑
優(兄)
ただいま~!
はづき
あ、お兄ちゃん帰ってきた!
はづき
おかえり!
たくみ
お邪魔してます!
優(兄)
おお!たくみ!
はづき
じゃあ、私はここで!
たくみ
ありがとー!
お茶、ごちそうさま!
私は部屋に入った。

なんか、楽しいな。

友達って、こんな感じなんだな。


最近、たくみくんと仲良くなって、今までよりずっと、毎日が楽しい。

勝手に友達って思っちゃってるけど、迷惑じゃないかな?

でも、友達と呼ばせてほしい。

大袈裟に言えば、「人生で初めての友達」。