無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

病院生活はとても暇です



入院してから二週間経った今日
綾瀬瞬奈
ひーまー!
ものすごく暇である。

はじめのうちはずっとスマホをいじったり、読書をしていたが飽きてしまった。

なので、一日の中で一番楽しみなのは





   湊海と大翔が来てくれること。


二人共私が入院してから欠かさず毎日会いに来てくれる。

お菓子やゼリーを持ってきてくれるし二人と話していて何より楽しい。

たまに勉強もしている
綾瀬瞬奈
(そろそろ二人が来る頃かなぁ)


ガラガラ
綾瀬瞬奈
(来た__!)
矢城大翔
矢城大翔
やっほー
伊月湊海
伊月湊海
暇してるか?
綾瀬瞬奈
二人共いつも来てくれてありがとぉ
すごく暇で困っております
矢城大翔
矢城大翔
ですよねww
これ、今日分のノート
綾瀬瞬奈
いつもありがとうございます
伊月湊海
伊月湊海
今日はメロンパンですよ
綾瀬瞬奈
ほんと!?
マジ神✨
伊月湊海
伊月湊海
崇めよ
綾瀬瞬奈
えー、ごめんちょっと何言ってるか
矢城大翔
矢城大翔
クスクス
伊月湊海
伊月湊海
おーい!笑うな!
矢城大翔
矢城大翔
だってww笑わずにはいられないでしょwww
矢城大翔
矢城大翔
湊海は褒められるとすぐに調子乗るしww
綾瀬瞬奈
ねー!昔からそうだよね
伊月湊海
伊月湊海
聞こえてるぞぉ~?
綾瀬瞬奈
事実を言ったまでで..........
伊月湊海
伊月湊海
俺の心は深い傷を負った
綾瀬瞬奈
あー、分かったから。
拗ねないでぇ、今度クレープおごるから
伊月湊海
伊月湊海
しぇい!
と、子供みたい燥ぎガッツポーズをする湊海。

こういうところは昔から変わらず、とてもかわいい。

そしてごく少数の人しか知らない以外に湊海が甘党という事実
矢城大翔
矢城大翔
あ、その中に俺も入ってる?
綾瀬瞬奈
..........
わっかったよ。大翔の分もおごるから
三人でクレープ屋行こ?
伊月湊海
伊月湊海
(折角瞬奈と二人きりだと思ったのに)
大翔はちゃっかり自分の分も私に奢らせている。

私たち三人はさっきみたいに三人で行動することが殆ど。

どっちか二人と買い物なんてめったにない。

大翔と湊海はよく一緒に遊ぶみたいだけれど…
矢城大翔
矢城大翔
あ、そろそろ時間だね
綾瀬瞬奈
あー…もうそんな時間かぁ
寂しくなるな…
矢城大翔
矢城大翔
明日もちゃんと来るから、ね?
綾瀬瞬奈
大翔は本当に優しいね~!
ありがとう
伊月湊海
伊月湊海
俺だけ仲間外れ感
綾瀬瞬奈
そんなことないよ~
湊海今日はメロンパン本当にありがとう!
伊月湊海
伊月湊海
おぅ。
綾瀬瞬奈
お医者様が言うには明日検査して、
結果次第では明後日、明々後日くらいには退院できるかもって
伊月湊海
伊月湊海
ほんと?
綾瀬瞬奈
うん。
矢城大翔
矢城大翔
良かったね。
それまで絶対安静!
綾瀬瞬奈
勿論!退院したら一緒に登校してくれる?
伊月湊海
伊月湊海
当たり前だ
矢城大翔
矢城大翔
もちろんだよ
綾瀬瞬奈
二人共本当にありがとう!
矢城大翔
矢城大翔
それじゃ、また明日ね
綾瀬瞬奈
バイバイ~






本当に二人がいてくれてよかったと思う。

忙しいはずなのに、自分の事に時間を使いたいはずなのに

こんな私に構ってくれる。

二人がいるから今の私がいると言っても過言ではないくらいに助けられた。

受験前付きっ切りで勉強を見てくれたのもあの二人だし、私のつまらない何の変哲もない私の人生に色を付けてくれている。


本当にあの二人に頭が上がらない。







私は明日の検査でよくなっていて退院できることを願いながら眠りについた



















五話へ続く→→→