第17話

離れんなよ。Part1🔞ぎみかも?
リクエストのお話です。


___________________

あなたはメンバーみんなと付き合っています。





_すとぷりめんばー
ぐるーぷらいん_
ころん
ねぇねぇ
ななもり。
どした?
ころん
いやてかなんで既読5付いてんのに返信くれんのなーくんだけなんだよ
ころん
おかしいだろ
ななもり。
wwww
莉犬くん
ごめんごめんwww
さとみ
ごめんwww
ジェル
wwww
ななもり。
んで、どーした?
ころん
あのさ、あなたにドッキリしたいなと思って
さとみ
お!いいなそれ
莉犬くん
どんなドッキリ?
ころん
最近甘えてくれないから
ころん
あなたに冷たく接して
ころん
どんな反応するかみたいな
ジェル
なるほどな
るぅと
やりましょ
ころん
るぅとくんは僕に既読無視だったのにあなたの事になると返信くれるんだね
ななもり。
いつものことでしょ
莉犬くん
だよね
ころん
(´;ω;`)
さとみ
wwww
ジェル



ということで










ドッキリ仕掛けることに。












_翌日_






あなた
ねえねえみんなー!
さとみ
ん、
あなた
...元気ない?
あなた
何かあった?
ジェル
いや、?
あなた
そっか....
あなた
何かあったら言ってね?
あなた
私はみんなの味方だから!!
ななもり。
(めっちゃいい子...泣)
るぅと
(やばい可愛い可愛い可愛い)
さとみ
(くっそ..可愛いなぁ....)
莉犬くん
(ドッキリ辞めたいよぉ...泣←)
ジェル
(( ゚∀゚)・∵. グハッ!!)
ころん
(え、?可愛いんだけどなにこれねえ)


なんでみんな何も言わないんだろ。






疲れてんのかな...



あなた
元気...ないね?
あなた
だったらみんなで遊びにでも行く!?
あなた
お洋服買いに行ったりとか〜
あなた
映画見たりとか〜
あなた
ご飯食べに行ったりとか...
莉犬くん
ごめんあなた、
るぅと
今はそんな気分じゃないんです
あなた
っ!
あなた
そっ、か
あなた
だよね...
あなた
色々とごめんね、
あなた
私、いない方がいっか!w
ななもり。
え、ちょ、
あなた
ちょっと、行ってくるね!
あなた
ばいばいっ!!!


ガチャ






バタン!!!










なんで、







なんでっ..!








いつものみんなじゃないよ...













私のこと嫌いになったのか、な








ごめんねみんな








こんな女と付き合ってくれて。










もう、無理だよ.....
















ピンポーン
私はある人に助けを求めた。

この心にぽっかり空いた穴を埋めてくれる人に。



ガチャ





けい
はーい...って
けい
あなた!?
この人は大学で知り合った男友達。

結構仲はいい方なんだ


けい
どうした!?
あなた
え、なんでそんな...驚く...の?笑
けい
だってあなた、泣いてるよ?
あなた
えっ...?
私は自分の頬を触った
あなた
ほんとだ...
けい
と、とりあえず入って!

家の中にお邪魔させてもらった

けいの家はメンバーとも何度か遊びに来てる

けい
それで、どうしたの?
私はあったことを話した










けい
そっか、
けい
あなた、今みんなのこと、好き?
あなた
ん...
あなた
分かんないよ...
けい
じゃあ、さ
けい
俺にしろよ。
あなた
へ...?
けい
だからさ、




いたいっ...!!










急に腕を掴まれ







押し倒された__






けい
俺にしろよって。
あなた
んっ..

キス、された_?










私は苦しくなって口を開けた




その瞬間





ここぞとばかりに入ってくる舌。





気持ち悪いっ、!!!






あなた
やめっ_
けい
誰が辞めるとでも?
あなた
っ!!
服に手をかけられた





私は抵抗した。


力いっぱい。



でも




男の人の力に勝てるわけがない。





けい
あれ?何抵抗してんの?w
あなた
だって、!
けい
無駄だよ。
こんなけい初めて見た。




こんなん...けいじゃないよ.....、








あなた
え、はっ...!?
あなた
んっ...//
けい
あっれ...。感じちゃってんの?
あなた
ちがっ!!//


気持ち悪い...






触んなよっ...






助けてよ。誰か__









必死に抵抗するのに






服を脱がされた







どこまでやる気なのこの人....っ





けい
逃さないよ。俺のあなた♡




やだっ!!





助けて、!!






みんな__






助けてよ___!!!






















そう心の中で叫んだ時だった。











ガチャ_














「あなたっ!?!?」