無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

232
2021/09/01

第7話

episode 5 .
菅原「あなたー体育館行くぞー!」


『うん。行けたら行く。』


菅原「それ絶対来ないじゃん。」


あ、バレた?

『菅原が言っとけよ…。』

菅原「どうせ後から関わるんだから今会ったって問題ないだろ!」


『えーやだ。』


菅原「じゃあ武力行使?」

『一生ついて行きます。』

菅原「」



菅ママに引きずられながら体育館に行きました。




???「あーっ!!!!」


『あん?』

???「こっ、こないだの美女っ…!」


え、マジ?どこ?


菅原「お前だよ。」


『冗談は顔だけにしとけよ。』

菅原「酷すぎない?」

『うんごめん。』


菅原「お前のそういうとこ好きよ。」


???「スガ……とこないだの。」


あ、主将。


『ども。一色あなたです。』


澤村「俺は澤村大地だ。よろしくな。」


『ん。澤村主将だよね?』


澤村「ああそうだが…。」


『私、マネージャー希望で。』


澤村「え、でもマネージャー2人いるんだが…」

『通常練習は顔出さないつもり。練習試合とか、そこで参加する。』


澤村「うーん…先生に相談してみるな。」


『よろしく。』


菅原「ホント自分勝手だな……。」


『私影山ほど自己中じゃないから。』


???「かっ影山と知り合いなんですかっ…!?」

『ああ……誰?』


田中「アッ田中龍之介デスッッ」


『よろしく田中。影山とは中学で部活一緒。』


菅原「じゃあ男バレのマネージャーしてたんだ。」


『そーゆーこと。高校は青葉城西ね。』


澤村「強豪だな……。引っ越してきたのか…。」


『3年の弱点とか強いとこ知ってるから、知りたかったら聞きに来なよ。』


菅原「……なんというか、あなたって美女だけどイケメンだよなぁ…。」


『どういうことだよ。』


澤村「まあまあ。じゃあマネの仕事は分かるんだな?」


『うん。』


澤村「じゃあ今日はもう帰っていいぞ。俺から先生に言っておく。」


『ありがと。及川より頼りになるわ。』


菅原がママだったら澤村はパパだわ。


いや烏野最強説。


青城なんて及川がハンガーだし、花松ペアは奥さんだし…。

まともなの岩泉だけだったなぁ……(遠い目)


『そういえば、3対3はメンバーどうするの?』


澤村「ん?ああ、日向・影山と月島・山口っていう1年でやるんだが、それぞれプラス1人で俺と田中が入るぞ。」


田中「え、俺っすか!?」


『おお……それさ、私参加したい。』


澤村「え?」


菅原「大地…あなたこういうとこあるぞ。」


『いいじゃん、楽しそうだし。』


田中「じゃあ俺の代わりに入ります?」


澤村「うーん……。」


『お願いだよドラ○も〜ん。』


3人「ブフッ」



澤村「ハァ……わかったよ。遅れるなよ?」


『おっしゃ。あざす!』


ゴリ押しだけど、3対3参加します()