無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

219
2021/09/06

第8話

episode 6 .
──3対3 当日──



『お、やっほー影山。』


影山「……は?何でいるんすか!?」


日向「あ、こないだの!どうもです!」



『え、影山聞いてねーの?私3対3参加するんだよね!』


ニッコリ笑ってそう言ってやった。



影山「……ホント勝手ですね…。」


『他の1年と戦うんでしょ?ボコボコにしてやんよ。』


影山「あなた先輩のボコボコはやりすぎるんですって!」


『元ヤンじゃないけどね?』


日向「え、俺と影山の方入るんですか?」


『うん。よろしく日向クン。』


日向「はい!」


この子めちゃくちゃいい子だ。


やべ、なんかめっちゃ悪いことしたみたいになるわ。田中ごめんな。






少年少女移動中……。







影山「おはようございます…。」



日向「おはようございます!」


『はざす。』


菅原「いや適当か!」


『別にいいやん!この2人が元気すぎて疲れるわ!』


田中「あなたさんおはようございます!!」


『おはよー田中。……なんかごめんね?』


田中「???」


いや、気にしなくていいんだ。



お、よく見れば澤村の近くにいる背の高い2人組1年じゃね?



『澤村おはよー!この2人が1年?』


澤村「そうだ。」


「どうも、月島蛍です。」


「アッ、山口忠です!」


金髪が月島、アホ毛が山口ね。


『3年の一色あなた。今日は3対3参加させてもらうけど。』


月島「え、アンタ女子デショ?」


『うん。まあ色々あって参加します。』



月島「じゃあ楽勝かもー‪wあ、すいませんそんなつもりは無いんですけど〜。」


こいつムカつくやつだなぁ。


『あーうん。大丈夫大丈夫。







──本気で潰しに行くから。』


2人「!?!?」



『……影山・日向、準備してこよー?』


日向「ハイ!」



何か後ろの2人固まっちゃってるけど、そんな私怖かったかな?


及川の「信じてるよお前ら」的な感じで言ったはずなんだけど……。



影山「(あなた先輩やっぱりカッケーな…。)」



まあいっか!威圧しといて損は無い!



『てか、影山サーブめちゃくちゃ強くなったってホント?』


影山「ジャンプサーブは出来ますよ。」


『マジ?及川追い越せるように頑張れ。まあイケメン度だったら影山の方が上か!影山イケメンだし!』


影山「!?」



え、何?影山も固まったんですけど…。


『え、どした?』



菅原「……あなたってイケメンだよ。」



『え?()←』