無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

一覧へ

第1話

episode 0
キモイ
ウザイ
キエロ
シネ





私が投げかけられてきた、



数々の暴言。





…私が、何をしたというの?




何で、私が死ななきゃならないの…?




言葉のナイフを胸に突き立てられる度、


私は自分自身が、嫌いになっていった。





“私なんかが、生きていてはいけない”





心を傷付けられ、



良心をえぐり取られ、



生きる価値を見いだせなくなった今、





私は、






学校の屋上から飛び下りた。















___.
お母さん
…さき…
お母さん
みさき…?
栗山 美咲
お…かあ…さん…
お母さん
美咲!
お母さん
お母さん、心配したのよ!!!
栗山 美咲
…ごめん…なさい…
お母さん
美咲は悪くないのよ…
お母さん
いじめに気づいてあげられなかった…私が…
栗山 美咲
…大丈夫、だよ…
お母さん
美咲…
お母さん
自殺なんて…
お母さん
馬鹿なことを…





お母さんは言葉にならない言葉を並べ、




今までの思いを私にぶつけるように


私の胸で泣きじゃくった。



母の頭を撫でながら思う。



私は、自殺できなかったんだ。


私は、助かった。





_私は、死ぬことができなかった。




私の中に、助かったことを歓喜する気持ちは


これっぽっちもない。





死ねなかった。





私は再び、



あの地獄のような




周りのみんなに軽蔑され、



言葉のナイフを突き立てられる、




あの日常に戻れてしまうんだ…







私は静かに、目を閉じて息を吐く。









あんな日常に戻りたくない。








あのまま、助からなかったら。




屋上から飛び降りて、




為す術なく死ねていたら。






どんなに楽だっただろう。









_死にたい。






泣きじゃくる母を微笑んで見ながら、




そう思った。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

#maru
#maru
フォロバ10000000000%⸜(*˙꒳˙*)⸝
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る