無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第86話

瑞姫くんんん



















瑞姫「 竹下ちゃん」



『 おっ!瑞姫やん』



瑞姫「 久しぶりな」



『 それな。今日暇?』



瑞姫「 おん。。。。きょもとの予定あるけど
断るわ。」



『 うん。そうして』←あなた!?Byきょも



瑞姫「 この間の少クラやばかった。」



『 あぁ。あれね。あなたちょっと
おエロ系の歌ったヤツね』



瑞姫「 そう。襲いたくなっちゃう」



『 え、、やめてwwww』



瑞姫「 FUHAHAHA冗談だよwww」




『 その笑い方久しぶり』



瑞姫「 会ったのも久しぶりやん」



『 それ言ったら終わりな。』



瑞姫「 ごめん。w」



『 そんな真面目に謝んないでって言おうと思ったのに笑うやん』←


瑞姫「 ごめんw笑っちゃったw」



『 ひんどぉい』


瑞姫「 ごめんやん?あなた?」


『 ごめん。瑞姫にあなたって呼ばれたら心臓止まるわ』( )


瑞姫「 めっちゃ俺のファンやん」


『 瑞姫のオキニ♡』


瑞姫「 あなたのオキニ♡」


『 20と19がww何やってんだか』


瑞姫「 FUHAHAHA」


『 その笑い方やめて!!つられるから!!!!w』


瑞姫「 ごめんwきょもから呼ばれてるわ」


京本「 おぉ。あなた。瑞姫と何話してんの?」


『 あったの久しぶりだから。世間話』


京本「 あ。そうなの。じゃあ、瑞姫回収してくね」


『 また後でねー』


瑞姫「 はーい」
























終わり































『 あ!きょもー』


京本「 ん?」



『 今日、夢にね。きょもと、、、』



京本「 俺と?、、、」




『 あの。誰だっけ。知ってる人なんだよ。』




京本「 樹とか?」



『 いや、違う』



京本「 誰?」



『 え、忘れた。。』



京本「 まぁ、思い出したら教えて」



『 もち。』





















誰だったかな。


み?みうきみたいな。いや。


だれだっけ?




知ってる人だと思うんだけどなぁ。


わからねぇ。←





























*☼*―――――*☼*―――――






今回はコラボですw



↑瑞姫くんを書いてる作者さん
↑のTiktok
↑Twitter
↑インスタ








みなさん!フォローとか


お気に入りとかしてくださいね!




この人の小説でも竹下が出てきてます~


そのお話も見てね?wwwww





あっ。ちな、作者のTwitterインスタTiktok気になる人はコメントしてください

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

 竹下 🐼🤟
竹下 🐼🤟
ファンマ→🐼🤟 ファンネ→竹民 不登校ガールです!!!w 🍌💖/❥.🍌/🦈⛓
コメディの作品もっと見る
公式作品もっと見る