無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第37話

女子ってやぁ~ね←
こんにちは竹下です。





















死にそうです。








なにわと一緒です。











みっちーあったかくてちょうどいいわ




















道枝「 あなたちゃーん♡♡んふふ♡」



『 なんか、夢の中見たいな喋り方するなww』



西畑「 あなた~。今度、で掛けたいねんけど」



『 ええよ~』


道枝「 ダメですよ!僕のあなたちゃんなんですから」



『 だって♡』






あぁ~。腰痛い



みっちー暖かいけど


腰痛い←







『 みっちー離れてぇ~』



道枝「 え、、😢」



『 ちょっと今きついねん😅』


道枝「 あ。そうですか、、、」





明らかに落ち込んじゃったwww


ごめんね





















あなた生理痛はあるけど


イライラはしやんのよね



それは、感謝w





















『 じょぉ~』


藤原「 なんやねんw」



『 ちょいちょい(こっちへ来いと手招き)』



藤原「 なに?(目の前に来る)」




『 ここ(膝ポンポン)』



藤原「 はぁ?」























生理中の時は


丈の抱き心地が、ちょうどいいねんな














『 すわれ』←



藤原「 なんでやねんw
みっちーに座ってもらえばええやん。」



『 みっちーはちゃうんよ』



道枝「 え、、、」


大西「 ちょっとwみっちーの後処理のことも考えて!」←















大橋「 あぁ~。みっちー今日は、我慢しな」



『 さすがはっすん!』



西畑「 え?」


高橋「 なんです?なんです?」



大橋「 いつも、みっちーが座っててもなんにも言わないむしろ喜んでるあなたがよ?
みっちーにわざわざどいてもらって
丈くんに、座ってくれって言ってる。
ということは?」





西畑「 あぁ~。ココア?タピ?」


『 ココア』


大西「 タオルケットがいい?それとも毛布?」


『 タオルケット』





信号「 え????」


大西「 はい!タオルケット」



『 ありがとぉ~』



藤原「 はい。おいで」


『 うん。』




(丈くんの膝に向かいあわせで
後ろからタオルケットで包む感じ)←伝われ!




藤原「 おやすみ。(背中さする)」


『 ん。』


























高橋「 大吾くんどういうことですか?(耳元で)」



西畑「 女の子の日や(耳元)」


信号「 あぁ~」



大西「 やから、みっちー今日は、我慢しな」


道枝「 はい。」


























































長尾「 まって。僕そんな出てない」←















女の子の日は辛いわ♡←

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

 竹下 🐼🤟
竹下 🐼🤟
ファンマ→🐼🤟 ファンネ→竹民 不登校ガールです!!!w 🍌💖/❥.🍌/🦈⛓
コメディの作品もっと見る
公式作品もっと見る