無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

551
2021/10/02

第4話

(シャオ+しに×鬱)🔞
コンニチハ~。最近凄い睡魔に襲われているゑ厶です、授業中とか凄いあくび出てる。どうでもいっか。

今回は、時雨さんからリクエストもらいましたぁ!ヤッター!!ほんとにリクエストありがとうございます。私自分から作ったのに、何のCP書けば良いんだろってめっちゃ迷ってた…ごめんね。


内容~
えっと、ね?シャオさん+しに×鬱先生なので、3Pですね。良いよね~、3P凄いヤる時やって欲しい人数何です。
最近、自分の話が増えてる気がする…。

まぁ、話は読んで行ってください。

じゃあ、行ってらっしゃい(*^^*)ノノノノノ
死神くんの性格変わってます。



















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
シャオロン
大せんせぇ〜
あ?シャオちゃん、どうしたん?
シャオロン
ちょっと、話があるんやけど。
今から、でもええ?
あぁ、うん。ええよ。
死神
その、話僕も混ざりたいな~?
死神は、シャオロンの肩にに手を置いてその隙間から笑顔で出てきた
シャオロン
え''…?
あ〜、シャオちゃんがええなら。
俺はどっちでもいいけど。
死神
シャオさん、良いですか?
シャオロン
ちょっと死神くん。
シャオロンは死神の肩を自分のところに引き寄せて鬱に聞こえない程度で話した
死神
はい、何です?
シャオロン
何で、邪魔すんねん!!俺大先生の事好きだって言ったはずやけど?
死神
何言ってるんですか。その話聞いて僕も好きだって言ったはずですが?
シャオロン
ん''~……言ってたような気もする…
死神
ちゃんと言ってましたから。だから、僕もそちらに混ぜてもらっても良いですか?
シャオロン
はぁ〜、しゃーない。大先生、死神くんも追加で
ん、おけ。
死神
やったー!
シャオロン
じゃあ、俺ん家来て。
はーい。
死神
シャオさん家ってここらにあるんですか?
シャオロン
ここの都市の中にある。
シャオちゃん……面倒が過ぎよるで。





















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(シャオさん家)
邪魔しまーす。
死神
お邪魔しま〜す。
シャオロン
いらっしゃい~。リビングとかの場所大先生は、知っとるやろ?
おん、知っとるで
シャオロン
死神くん、案内してあげてや。
はーい、じゃあしにー着いてきて
死神
お願いしまーす。
死神
おお、結構綺麗ですね。
まぁ適当なところ座ってて下さい。
死神
あ、はい。
シャオロン
お茶と、お菓子用意出来たで~。
ん、ありがとう!
死神
ありがとうございます!
あ、それでシャオちゃん話って何や?
シャオロン
あ、そうやったな…え、えーと。(マズイ、とても言い難い…ただ、好きの2文字と何かくっ付けた言葉言えばええんに、死神くんがいるからもっと言いづらい…!!どないしてくれんねん!?)
死神
あの、シャオさん?言わないなら僕が、
シャオロン
いや、俺が言う!!絶対先に俺が言う!!
おおぅ、それで?
シャオロン
んぇ~っと……
死神
…鬱先生! 
え?なんすか?
シャオロン
!?…(死神くんまさか!!)
死神
これ、最近流行ってる飴なんですけど、食べてみてください!
あ、そうなん?でも、シャオちゃんの話…
死神
今は修正中みたいですから。どうぞ。
じゃあお言葉に甘えて。
鬱は死神から飴を受け取り、自身の口の中に入れた
ん~?なんか、味せぇへんな?と、いう…か、ね  むく…なっ………
椅子から落ちそうになったところで死神が鬱の身体を支えた
死神
別の業界では、流行ってますよね?
シャオロン
死神くん、遂にやばいところに走ったか…
死神
ヒゲさんから貰ったんです(嘘)それに、シャオさんの事一応は、助けたもんじゃないですか?
シャオロン
……、それで大先生、どうするん?
死神
あー……。犯します?
シャオロン
は?
死神
だから、犯します?
シャオロン
どれの?
死神
襲う方の…
シャオロン
いやいや、駄目やって!怒られるって!!嫌われるわ!!
死神
記憶飛ばす、薬飲めば…
シャオロン
何個、薬持ってんねん…
死神
シャオさんが、しないなら僕が先に頂きますが?
シャオロン
…、じゃあ大先生は、俺が運ぶから、2階まで着いてきて。
死神
はい!
                                (2階)
2階に着くと、シャオロンは鬱を丁寧にベッドに寝かせた
シャオロン
……
死神
……やらないんですか?
シャオロン
いや、…死神くんこそ…
ん……
死神
…そろそろ、効果消えちゃいそうですし先にやってた方が良いかもですね。
そう言い、死神は鬱の居るベッドに上がり鬱を半起こしにした、後ろから服の中に手を入れた
ん、っ///…ふ、
死神
声出てきましたね?
シャオロン
ッ…////
死神
シャオさん来ないんですか?
鬱先生今、こんなに可愛いんだから。勿体無いですよ。
ッ////ふぁ♡…あ、ん//
シャオロンの、方に向きを変えて鬱の顔を見せる
シャオロン
…ッッ///
死神
あ、もしかしてシャオさんウブですか?
シャオロン
はぁ///!?そんな事ないわ!
シャオロンはズカズカとベッドに上がり鬱の前に来て腹や、足などを触る
んぁっ////な、…に?//
シャオロン
あ、
死神
あらら…
ちょっ、2人とも何してんねん?!
死神
…シャオさん。
シャオロン
分かってるわ。
何言っんむ//、?!
シャオロンは自分の唇を鬱の唇に押し付けた
っ、は ぁ////シャ、オちゃ…///
シャオロン
ん、ッふ///…ん、
舌と舌を、絡め合い2人とも身体を少し痙攣していた
死神
…なんで、2人だけで楽しんでるんですか?
ッ//あ''!?♡ぁあ///し、に///
死神は鬱の耳を軽く舐めた後、跡が残るように噛んだ
シャオロン
ははっ、大先生もう下パンパンやん。
そ、ッれは////!っあ''♡♡
シャオロンは鬱のモノをスボンから出して上下に擦る
シャオロン
死神くんもう一個の方も、もの欲しそうやから遊んたげて♡
死神
はぁ〜い。
んぁ///まっ、てぇ♡♡む、りぃ////
死神
ふふっ、何が無理何ですか?
死神は鬱の穴に指を入れ激しく弄ぶ
ん''ぁッ///はぁ''♡い、あ''ぁ////
死神
大分、緩くなってきましたね。
シャオロン
死神くん、挿れて大先生イかせてえぇ?
死神
…分かりました
ん、え?
死神は鬱の両足を掴んで拡げた
ちょっ///何す、!?
シャオロンは自分のモノを鬱の穴に当てた
シャオロン
こっちの方が絶対気持ちえぇで。
ぇあ''ぁあ///♡♡
シャオロン
ッ////大先生の中あったか…///
シャオロンは鬱の両腕を掴んで自分の腰を激しく振った
あ''////あ♡は、ぁ♡♡
シャオロン
ッふ///ん♡
死神
……(省かれてる?)
死神
…ヂュッ
んぁ''?!///♡ちょ、あ////は、
シャオロン
あ、省かれてるから嫉妬したん?
死神
、当たり前じゃあないですか…
っ、ふぁ///ぁん♡♡
シャオロン
…大先生、イくかも。
ッ///…こっちなんかさっきからイきそうだわ////
シャオロン
はっ、♡大先生…
…な、に?///!?
死神
ダっ?!
シャオロンは倒れていた鬱の上半身を、勢いよく上げた、それと同時に鬱の肩に死神の顎にぶつかってしまった
シャオロン
大先生、俺大先生の事好きなんだわ。
へ?///
シャオロン
ッ、でる////!
っえ?あ''ぁあ?!////っ、♡♡
鬱の中は暖かいもので沢山になった
シャオロン
あ?大先生、メスイき?
うっせ、ぇ……、
シャオロン
てか、死神くん大丈夫か?
あ、そう言えば…
死神
………(舌噛んで喋れない状態)
シャオロン
……大先生、部屋片付けと死神くんの救助手伝ってくれる?
お、おう…
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


(まぁ、色々あって3人とも幸せに恋人になりました。(雑なのは許して)
死神
(今回、僕全然活躍できてなかったな…)
ごめんね。死神くん…

それと、深夜テンションで頭がイカレ状態だから、おかしな所とかあるかもですが許して下さい○| ̄|_

時雨さん、こんなんで良かったですかね?ほんとになんか、変な内容だし、死神くん雑に扱ってしまってごめんなさい…。

それでは、おやすみなさいˊᵕˋ)੭