第113話

#112
309
2022/09/26 21:17
(なまえ)
あなた
行ってきます
行ってらっしゃい。
帰宅は何時頃になるのかしら?
(なまえ)
あなた
みんなと練習してから帰る。
だから.....19時30分過ぎ...とかかな
やるからには中途半端に行うんではないぞ
(なまえ)
あなた
.....分かってる。行ってきます




あのイベントの日から、何時間も話し合って決めた。
父さんと母さんは、珍しく何も言わずに私の話を聞いてくれた。





.....そんなに言うのなら、一つ条件だ
(なまえ)
あなた
条件.....?
お前があんなに下らない歌をやりたいのは分かった。
だが、それで勉学などが疎かになるのはわけが違う
(なまえ)
あなた
下らないって.....!
最後まで聞け。
お前が今まで通りの成績を維持できるのであれば、許可するとしよう
(なまえ)
あなた
.....え...?

今、なんて.....?
(なまえ)
あなた
.....私、歌を...歌を歌って、いいの...?
良いと言っただろう。
何度もしつこく言わせるのではない
.....あなたを私達と同じような人生を歩ませられるとは思っていないわ。
あなたは、私達とは違うもの
(なまえ)
あなた
父さん、母さん.....



無理だと思ってた。



父さんと母さんを説得させるなんて、夢のまた夢ぐらいに思ってた。


だけど。



(なまえ)
あなた
.....じゃあ、私からももう一つ
まだあるのか。何だ
(なまえ)
あなた
.....私達のイベントに、来て欲しい
(なまえ)
あなた
父さんや母さんは、ああいうライブハウスとか嫌いなのは知ってる。
だけど.....
(なまえ)
あなた
私達の.....Vivid BAD SQUADだけは、
応援して欲しい



これだけで充分変わる。

これだけしてくれたら、もう何も頼まない。

.....ああ、良いだろう
あなたが歌を歌ってる姿を、
一度見てみたいものですからね
(なまえ)
あなた
.....うん、ありがとう、父さん、母さん















お気に入り登録といいねお願いします!


プリ小説オーディオドラマ