無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

狼青年/Hey!Say!JUMP
「僕と俺」とを使い分けて
心ゆくまで嘘を吐く
怖いものを知らない真実が冷たく光る

臆病なフリしてないで
さぁ 面影重ねて迷い込んで
きみを護る狩人はとっくに美味しく、ね

名前なんていいから好きに呼んで忘れて
理由ばかり欲しがるアリバイを壊して
真面目なキス まるで手品のよう
暴くブラウス 床に落ちるベルト

狼少年、もう一度駆け出したらもう帰れない
たとえ誰の涙が胸に光っても
遮るものなどなにもない 不実な心が眠るまで
このまま彷徨い続けてゆく僕は、狼青年


嘘吐き呼ばわりする側で指から煙を奪い取って
本音を吐くきみに、僕も種明かしを

「あいつのキスそっくりでしょう?きみがいつか泣かせた」
さよならは今夜 俺らは街を出るから
怒鳴り声 ドアを背に響く
許さなくて良い 窓辺に映る嘘、月

おとぎ話ならいつか落ちる雷
でも思い上がりかな罪も罰も白々しい
牙を出してじゃれたい俺首輪なんかじゃ飼えない
煉瓦の家さえ吹き飛ばして何処へだってふらり

狼少年、もう一度駆け出したらもう帰れない
帰らない!

狼少年、もう二度と駆け出したからもう帰れない
たとえ誰の涙が胸に光っても
遮るものなどなにもない 不実な心で眠るまで
このまま彷徨い続けてゆく
出来の悪い夢より嘘で手繰り寄せてゆく安らぎへ
ふたりつがう僕ら、狼青年

「僕と俺」との隣り合わせ
さぁ 心ゆくまで嘘を吐いて