無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

ナイモノネダリ/Hey!Say!JUMP
明日の朝はとても早いの ドレスまとって神に誓うの
とても優しい素敵な人よ 私ね 随分大人になったよ

夢に溺れず 未来見据えて 空に飛ばずに 地に足つけて
とても真面目で素敵な人よ 私ね 一度も泣いてないんだよ

あなたはまたこの世界のどこかで
子供のような無邪気さで無茶をして
誰かを泣かせてるんでしょ それ以上に笑わせてあげながら

まだ誰のものでもない私の最後の夜に
あなたを思い出している私は ナイモノネダリ
迎えに来て連れ去ってよ あの日のように なんてね
私はこの道の先で ちゃんと幸せになるからね


愛のかわりに自由手にして 明るく見えて実は孤独で
私はそんなあなたの影を 抱きしめてあげたい そう思ってた

この恋は二人をだめにする
わかっていて楽しさで蓋をして
理想やきれいごとだけを 魔法が溶けてゆくまで唱えてた

まだ誰のものでもない私の最後の夜に
あなたを思い出している私は ナイモノネダリ
もう一度連れ出してよ あの日と同じ夜空へ
なんてね もう私きっと あんな風には飛べないけど

あなたとの出会いがなければ 今の私はここにいないでしょう
ありがとう なんていうつもりはないけれど
忘れないよ あの笑顔

まだ誰のものでもない私の最後の夜に
あなたを思い出すなんて 私は 私は

まだ誰のものでもない私の最後の夜に
あなたを思い出している私は ナイモノネダリ
振り返るのはもう終わり 描いた未来の始まり
私はこの道の先で ちゃんと幸せになるからね

明日の朝はとても早いの ドレス纏って神に誓うの
早く寝なくちゃ肌に響くと 窓辺に頬杖 空を見上げて

私ね 随分大人になったよ